アクセスカウンタ
プロフィール

・・・トッチャン・・・

Author:・・・トッチャン・・・
新型VTR250に乗っていましたが,
2012年3月にNC700Xに乗り換えました。

最新記事
検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ダムカードコンプリート 4日目
Category: キャンプ  

8月19日(金) 4日目 [約240km] 
 明屋海岸-中ノ島(菱浦)~~西ノ島(別府)-美田ダム-国賀海岸(摩天崖)-島内観光-別府~~七類-自宅 


今日は5時に起きだして、テーブルに座りのんびりとコーヒーでも。。。
BIMG_8331.jpg

テントとマイテーブル?の位置関係はこんな感じ。
BIMG_8338.jpg


このテーブルに座って、まったりしながら飲むコーヒーは最高の贅沢
BIMG_8333.jpg
インスタントでもいいんですよ  \(^o^)/ 

さて、撤収の準備にとりかかりますか。
BIMG_8336.jpg


みなさんはまだテントの中でおやすみのようです。
BIMG_8335.jpg


太陽が昇り始め、ハート穴の壁面に朝日が射してきてます。
BIMG_8340.jpg


上にある駐車場とテントサイトが少し離れており、荷物をできる限りまとめて
撤収しますが、3往復しました。 なんてことはありません、楽勝です。 

撤収も完了し、この島の最南端にある木路ヶ崎を目指します。

BIMG_8343A.jpg

今日ももいい天気 
(*^_^*)


灯台に着きましたがなぜか立入禁止と思われる赤いテープが
張られています。???

BIMG_8345.jpg
中には入らず写真だけ。

次は隠岐神社
BIMG_8349.jpg
朝早いので入り口前でパシャリ

りっぱな手水舎(てみずしゃ)
BIMG_8352.jpg

BIMG_8354.jpg

境内には誰一人いません、完全に貸しきり状態で
一人贅沢な時間を過ごします。

BIMG_8358.jpg


御朱印をもらいたかったのですが、9時からと、残念 
(T_T)
BIMG_8356.jpg

フェリーに乗る時間があるので、それまで待っていられません。
それでもひょっとしたらと、タイムリミットぎりぎりまで待ってみましたが誰もきませんでした。
残念ですが、出発します。

9時発の『どうぜん』にどうしても乗船しないと、次の便は12時15分までないので、
西ノ島での時間が足りなくなります。 (´・_・`)

BIMG_8360.jpg


予定通り、9時発の『どうぜん』に乗船して西ノ島へ
BIMG_8365.jpg

まずは速攻で目的の美田ダムへ
BIMG_8369.jpg

これでコンプリート達成です。 \(^o^)/
やりましたね、あとは島前集合庁舎へ行って最後のダムカードをもらうだけです。

BIMG_8371.jpg

BIMG_8367.jpg


イカ寄せの浜
BIMG_8373.jpg

由良比女神社
BIMG_8381.jpg


ここの神社の御朱印は観光協会でもらえるようになっっています。
また、貼り付けタイプでしょうか?

BIMG_8378.jpg


ここの神社にも土俵がありますね。
BIMG_8375.jpg
隠岐島の神社にはどこも土俵があるような感じですね。
「古典相撲」と呼ばれて、島内に祝い事があったとき等に取り行われるようです。

次に向かう前に
昼食の買い出しをしておきたかったので、スマホでスーパーを検索してみました。

島内ではここのスーパーがいちばん大きいかも?

BIMG_8385.jpg

スーパーの開店は10時からだったのですが、10分ぐらい前になると
次から次へと車がやって来て5分前には駐車場がこの通りほぼ満車状態。

そしてオープン前のドアの前に長蛇の列。いったいなぜ?? 

島の人たちはもっとのんびりしているようなイメージがあったのですが???

特売でもあったのかと思いましたが、店の中に入ってみるとあまりそんな感じはありません。
通常のオープンのようですが???


自分は昼食のどんぶり弁当と飲み物をを買って、この島のメイン観光地、
国賀海岸(魔天崖)に向かいます。


まずは赤尾展望台
BIMG_8390.jpg

昨年の春、訪れた時と同じように最高の天気と絶景


BIMG_8386A.jpg

BIMG_8389A.jpg


BIMG_8415A.jpg


この絶景を眺めながら食事ができるなんて

画像をクリックすると別ウインドウでパノラマ写真が開きます
BIMG_8395.jpg
またまた、最高の贅沢を目と舌のダブルで味わいます。


次に国賀海岸へ向かいます。

画像をクリックすると別ウインドウでパノラマ写真が開きます
BIMG_8418.jpg

BIMG_8425.jpg

そして魔天崖へ

BIMG_8427.jpg

BIMG_8430.jpg


BIMG_8431.jpg


向こうの尾根の上は先程まで食事をしていた赤尾展望台
BIMG_8441.jpg

BIMG_8436.jpg

船引運河
BIMG_8450.jpg
昨年訪れていなかった場所です。

BIMG_8447.jpg


焼火神社へ向かう途中にある大きな石垣
BIMG_8455.jpg
建物は今はないですが、石垣の大きさから想像するに、割りと大きな
建物があったような感じ。

もう少し行くと社務所?のような大きな建物はありましたが?


さらに進むと、境内への入り口を守る狛犬
BIMG_8451.jpg


焼火神社
BIMG_8452.jpg

BIMG_8453.jpg

港に戻って、最後の一枚をもらいに島前集合庁舎へ

BIMG_8458.jpg
無事、美田ダムのダムカードをもらってミッション完了


最後に御朱印をもらいに観光協会へ
BIMG_8505.jpg

なんと、御朱印は観光協会のお姉さんが書いてくれましたよ (°_°) 
少し複雑な気持ちにはなりますが、貼り付けタイプよりはぜんぜんいいですよね

BIMG_8502.jpg

由良比女神社だけでなく焼火神社のももらえて満足かな。


いよいよ帰りのフェリーが入港してきました。
BIMG_8460.jpg

BIMG_8463.jpg

また来ることを誓いながら隠岐を後にします
BIMG_8464.jpg

旅のスタートはまさかの雨で大変でしたが、途中からは
尋常なく暑かったけれど、いい天気に恵まれて良かったです。

BIMG_8465.jpg

BIMG_8471.jpg


BIMG_8470.jpg

七類へ入港です
BIMG_8475.jpg


バイクはもちろん一台だけですね。
BIMG_8477A.jpg





夕刻の米子の街を抜けるのに時間がかかった以外は順調に走れて
無事帰宅することができました。



また一つ、思い出に残る旅が増えました。

































ダムカードコンプリート 3日目
Category: キャンプ  

8月18日(木) 3日目 [約260km] 
 田万川キャンプ場-浜田第2ダム-境港~~西ノ島(別府)~~中ノ島(菱浦)-明屋海岸 


5時起き、今日もいい天気で暑そう 
BIMG_8236.jpg


テントが外側も内側もびしょびしょに濡れているので、何度も拭くが乾きがいまいち。
日が射す時間になればすぐに乾くのだろうが、それまで待てないので諦めて湿ったまま撤収する。

ちなみにテント内はこんな感じ。コットが水滴で濡れていますが・・・
BIMG_8234.jpg

このテントは、一人で過ごすには十分な広さと高さがあります。設営と撤収が簡単で、買って大正解でしたね。

ただ、雨の日の耐水はどうなのでしょうか?


撤収も無事終わり、出発します。
BIMG_8237.jpg

ここから浜田第2ダムまでは約66km。
通勤時間帯と重なり、おまけに遅い車に捕まってペースが上がらない。

BIMG_8244.jpg


それでも、8時半頃には到着出来ました。

カードの配付は9時からなので、上流にある浜田ダムの再開発がどのようなことになっているのか
見に行ってみることに。


でもまずは、浜田第2ダムの写真を撮っておきますよ。
BIMG_8246.jpg

BIMG_8247.jpg

BIMG_8248.jpg


一通り写真を撮ったら上流へ向かいます。

新しいトンネルを抜ける迂回路で一旦上流に出てから、少し下ると
ダムが見えてきます。

管理事務所も改修(建て替え?)されているようで、現在浜田ダムのダムカードは配布されていません。
ここのダムカードは以前もらっていますが、事務所が改修される直前には再開発中のダムカードの
配布があったようですが・・・

堰堤の上に大きなクレーンが設置されていますね。
BIMG_8252.jpg

クローラクレーンでした。
BIMG_8255.jpg

大改造のようで、ゲートレス化されるそうです。


上流はこんな感じで、貯水量は少な目。
BIMG_8257.jpg

そして下流側は
BIMG_8258.jpg


ごっつい鉄骨の架台が組んであります。
BIMG_8259.jpg


そして、浜田第2ダムへ戻ってダムカードをもらいます。
BIMG_8266.jpg


ダム職員の方がボートで点検中?
BIMG_8267.jpg


9時少し前ですが、ダムカードをもらうことが出来ました。 (*^_^*)
BIMG_8268.jpg

残り、あと一枚で全76枚のコンプリート達成です \(^o^)/

ですが、今回はハードルが高すぎです、中国整備局さん!


最後のカードは隠岐の中ノ島ですが隠岐へ向かうには、この時間ですと14時25分発の便になり、
七類港ではなくて境港から出港の便になります。

ここからだと約150kmと、まあまあ距離がありますね。
おまけに途中、コンビニで遅い朝食をとるが、暑さでボーッとなってしまいました。
少し休憩をしながら、水分をたっぷり摂って出発。


ベタ踏み坂で有名な橋を横から (江島大橋)
BIMG_8277.jpg
このまま進んで行きベタ踏み坂を登って、境港へ向かいます。
走っている分にはそれほど勾配を感じるわけではないのですが、望遠カメラのなせる技ですね。


混んでいるところがあったりして心配したが、1時半には境港へ到着。
結果的には乗船券の発売開始はまだ始まっておらず、余裕の到着でした。

隠岐からのフェリー『しらしま』が入港してきました。
BIMG_8278.jpg

『しらしま』
BIMG_8279.jpg



BIMG_8282.jpg

入港する港で下船方向を変えるため、このような乗船スタイルになっています。

BIMG_8283.jpg

昼過ぎの中途半端な時間のせいかもしれませんが、どちらも車は少ないですね。
バイクは私だけだし・・・


堺港からの出港なので、堺水道大橋の下をくぐります。
BIMG_8293.jpg

BIMG_8298.jpg

BIMG_8300.jpg


べたなぎで全く船は揺れません
BIMG_8307.jpg

暑いのを除けば天気も良く、最高です。

BIMG_8309.jpg

BIMG_8311.jpg

BIMG_8310.jpg


前の写真は乗船途中だったのですが、それでも2,3台増えただけのようでした。
BIMG_8313.jpg


定刻に別府港に到着
BIMG_8315.jpg

ここから中ノ島(菱浦)行きの内航船に乗船しますが、
30分あまりの待ち時間がありますので、このまま『しらしま』が出港していくのを眺めています。


『しらしま』は島後の西郷港(隠岐の島町)へ向けて出港して行きました。
BIMG_8317.jpg


内航船フェリー『どうぜん』に乗船。
BIMG_8318.jpg
向こうに見えるのが中ノ島(海士町)で、15分程度の乗船になります。


自分のバイクと車1台だけ。
BIMG_8320.jpg


車止めのみの固定で、倒れ止めは無し。
BIMG_8321.jpg

BIMG_8322.jpg

キャンプ予定の明屋海岸キャンプ場は無料なのですが予約をしていなかったので、
菱浦港に着いてすぐ港にある海士町観光協会へ、キャンプの受付をしに行きました。

受付けのお姉さんの一言、 『予約はされていないのですか?
                    今日は予約でいっぱいです』
  

えっ― なんということか、まさかの展開です。


『この島にはキャンプ場はここしかないし、フェリーはもうないし、どうすればいいの?』  Σ( ̄。 ̄ノ)ノ


お姉さんも困ったような顔をしながら、事務所のスタッフと相談してます。

しばらくして、この区画なら空いているかもということで、何とかキャンプの許可をもらうことが出来ました。
手続きは住所氏名を記入するだけで、無料で利用できます。

ここを利用するのは2回目ですが、一応キャンプ場の説明を受けて、
ゴミを出す場合には、ゴミ出し用の袋を100円で買う必要があり、もちろん購入です。


でもいったいなぜ、予約でいっぱいなのかな  
夏休み期間中とはいえ、今日は盆明けの18日の木曜日なのに??
しかも前回は区画も分けられていなかったのに、ロケーションがいいからよっぽど人気があるの???

でもまあ、一応許可はもらったし、一安心。


前回も利用した途中の店で、今晩のビールだけを買ってからキャンプ場へ向かいます。


何とか、日が暮れる前にはキャンプ場へ到着することが出来ました。
BIMG_8323.jpg

駐車場へはミニバンが1台だけ????
上の駐車場からキャンプサイトを見ると、確かに混んではいるけどまだ十分空きがあるような?????

これからまだキャンプをしに人が来るのかな??????

BIMG_8324.jpg

指定された場所だとファミリーキャンプの方のすぐ横になっていて海があまり望めないので
一つ離れた隣にテントを設営しました。
BIMG_8336B.jpg
(写真は翌日の朝のものです)

暮れていく海を眺めながら、ビールとつまみでほっと一息を入れます。 
ここでも備え付けのテーブルが使えたのでラッキーでした。

メインはカレーですが、ご飯はメスティンで炊いています。

メスティンとエスビットもどき、それからパック燃料があればほったらかしでご飯が炊けます。
BIMG_8329.jpg
左からエスビットもどき・アルミの受け皿・100均のパック燃料(1パック27g)・風防

下の写真はパック燃料が燃え尽きた後ですが、
アルミの受け皿があるとエスビットもどきが汚れませんよ。
BIMG_8328.jpg

風防はこんな感じで使います。
BIMG_8327.jpg

メスティンに洗った米を一合入れ30分程度吸水させてから、アルコールパック燃料(1パック)に
着火するだけで、あとはほったらかしで勝手においしいご飯が炊きあがります。

燃料は20分程度で燃え尽きますが、そのまま置いといて20分程度蒸らせば出来上がりです。
(ちなみにお米一合だと水の量は、リベットの中間まで入れればOKです)
冬場だと火が消えたら直ぐに100均等の保温袋に入れておけば、アツアツのまま蒸らすことが
出来ると思います。


ポイントは風防で完全に囲うことによって風の影響を全く受けることなく、毎回同じように
安定した条件でご飯が炊けますので、お奨めです。

BIMG_8326.jpg



ところで、このキャンプ場へは私が来てからは誰も来ませんね???????

結局、ファミリーキャンプの家族が1組と1団体の20名ぐらいだけです。

どうもテントサイトが16区画に分けられていたので、おそらく団体を単純に
一人から二人あたりを1区画に割り当てていたのだと思います。


団体の若者に話を聞いてみると、名古屋から大学のクラブ活動で来ているとのことで、
港からはバスに乗って来たということでした。

これで疑問も解決かな (#^.^#)


食事も終わった頃には、上の駐車場で学生たちが輪になって集会を開いていました。
大きな声でクラブの伝統あるお決まりのような口上やら、歌声が聞こえてきます。


波の音と、時折聞こえる歌声を聞きながら眠りにつきました。




最終日へと続きます  




ダムカードコンプリート 2日目
Category: キャンプ  


8月17日(水) 2日目 [約100km] 
 千畳敷 - 萩 ~~  見島(見島ダム) ~~~ 萩 - 田万川キャンプ場 


今日はいい天気になりそうな予感 

BIMG_8129.jpg



奥に見えるのが静岡から来ている青年のバイクとテント
BIMG_8127A.jpg

クリックすると別ウインドウで大きな画像で開きます。
BIMG_8123.jpg


昨日に続き朝一番で訪れてみた、元乃隅稲荷神社
BIMG_8131.jpg

神社の入り口
BIMG_8143.jpg

これが話題の日本一入れにくい賽銭箱 (あまり大きくありません)
BIMG_8140.jpg

なんと、なんと 一投目で入っちゃいましたよ。いいことあるかな?

ただ、百円硬貨が無かったので10円硬貨でしたけど・・・ (*_*)

でも昨日、御朱印をもらうのに200円使っているからいいかな?

ここが神殿???
BIMG_8133.jpg
非常に小さな建物ですね。

でも、アイデアが光っています。
BIMG_8132.jpg
晴天で海がブルーに耀いたら絶景になります。

このあと大変なことが・・・


突然の強風で被っていた帽子が飛ばされコロコロと、
      慌てて追いかけるもあと少しということで崖の下へ・・・

すみません、賽銭が足りなかったようです。(;д;)  賽銭のたたり?(悲劇?) その① 
・・・お気に入りの帽子だったのに・・・


気を取り直して
BIMG_8134.jpg


BIMG_8135.jpg


BIMG_8139.jpg

鳥居の中を下へ降りてみました。
BIMG_8137.jpg


BIMG_8138.jpg
下から本殿?を見上げると (右上の小さい赤い屋根の建物が本殿?)



萩港へ着きましたが・・・

9時5分の出港で見島への到着が10時20分
そして、見島からの出港が14時20分と、約4時間の滞在になります。

でもバイクはここへ置いていくので、島では歩きです、ハイ。

車の駐車は有料ですが、バイクは駐輪場へ置いてくださいとのことで、無料。
でも空きがない・・・

 仕方がないので自転車を少しづつ寄せていき、なんとかスペースを確保。    (T0T) その②


萩港への到着が遅くなりそうだったのと、港に着いてから近くにコンビニかなにかあるだろうと
思っていたら、何もありませんでした。朝飯食っていません。
                         (T0T) 賽銭のたたり?(悲劇?) その③

見島に着いてから朝食兼昼飯を調達するしかないようです。


高速船 『おにようず』?
BIMG_8144.jpg

この時期なのでガラガラかと思いきや、結構な人が。
でもビジネスと釣り客が大半で、観光?で訪れるような人はほとんどいないような・・・





高速船ですが、車が載せられるようになっていました。
BIMG_8145.jpg
料金はいくらなんだろう?


出港してからは、それほど揺れることもなく見島へ到着。



すぐに折り返すようですので、しばらく眺めていると、

BIMG_8148.jpg


別れのテープが、帰省していた家族との別れでしょうか?

BIMG_8151.jpg

見ているだけでも心がじーんときて、泣けてきますね。 (T0T) その④ この場合はたたりでないですね


離岸すると別れの悲しみを断ち切るように、いっきに全速で本土へ向けて出港していきました。

BIMG_8154.jpg

❗❗❗ 『おにようず』
BIMG_8153.jpg


それにしても、暑い。 昨日とはうって変わってこの晴天です。



ここは見島牛の産地らしいです。
BIMG_8155.jpg


さて、ダムまで歩きますか。

BIMG_8156.jpg


それにしても、暑い!!!  

そうだ、帽子がない!!!!!!  (T0T)   賽銭のたたり?(悲劇?) その⑤


ダムが見えてくると、少しは元気が、
BIMG_8157.jpg

ここを右にいくとダムまでもう少し。
BIMG_8158.jpg

ようやく到着。
BIMG_8159.jpg


BIMG_8170.jpg


堰堤に埋め込まれたモニュメント


無事、セーラームーンになれたかな?
BIMG_8163.jpg



さすがに、カブトムシにはなれないかな?
BIMG_8169.jpg

ダムの完成が平成○○年ですので、既にみんな成人して新たな夢に向かって
進んでいるのだろうね。

BIMG_8160.jpg



これ、好きです。
BIMG_8164.jpg

焦らず、あきらめずに、目標に向かって一歩一歩ですね。


ダムの管理施設の建物の日陰で休んでいる夫婦が。
少し話をすると、やはり自分と同じ目的で訪れているということで、
ここのダムカードが最後になり、コンプリート達成らしいです。お疲れさまでした。




ダム湖を一周してみます
BIMG_8174.jpg

『おにようず』? の マンホール
BIMG_8166.jpg


海が近いダムです
BIMG_8175.jpg


BIMG_8178.jpg


BIMG_8179.jpg


亀はあがらなくてもいいような?
BIMG_8180.jpg

流されて海亀にでも??


ここまでで一時間以上歩いたような、 でも出港まではまだまだ時間があります。

BIMG_8181.jpg


BIMG_8182.jpg


近くに天然記念物のジーコンボというものがあるらしいので、寄ってみることに。

車やバイクに乗っている人にはたまに会いますが、歩いている人や農作業をしている人は皆無。


ジーコンボの場所に到着


BIMG_8186.jpg

ようは、昔の墓(古墳)?


BIMG_8189.jpg

時間があるから寄ってみましたが、ここを目的にする旅は無いかなと・・・ (個人的感想です)



暑い中、港まで戻ってくると、発電所がありました。


クリックすると別ウインドウで開きます(文字が読めるようになります)
BIMG_8193.jpg


ジャンプ台のような・・・
BIMG_8194.jpg


食堂が見当たらなくて、仕方なく小さな店でパンを買って昼食としました。

港のベンチでパンを食べながら、この島の山の上にある自衛隊の基地へ荷物を届けるために
来ていた配送業のおじさんと少し話を。

車は萩港へ置いてあり、人力で荷物を運ぶようです。運送料金はいったいいくらなのか?
聞いておけばよかったですね。


これが『おにようず』の正体

BIMG_8195.jpg


ダムカードを配付している萩市役所の見島支所(見島公民館)へ向かいます。

それから見島といえば、これっ! クロマグロ。
見島沖には対馬海流に乗って北上するマグロの通り道があるようです。
北上して大間の本マグロになる前のマグロですね。


俳優の松方弘樹さんが釣り上げて話題になっていましたよね。
BIMG_8196.jpg


BIMG_8197.jpg

第12回も続けて優勝しているんですね、さすがです。

BIMG_8200.jpg


本物の『おにようず』 もっと大きいのもあるんだろうね?
BIMG_8198.jpg


BIMG_8202.jpg



時間をもて余しぎみでしたが、ようやく出港の時間が来ました。


この便にも別れのシーンが・・・
BIMG_8206.jpg

なんだか、寂しくなるのであえてこれ以上は撮りませんでした。

ほどなく港を離れます。

この島へはもう訪れることも無いでしょう、たぶん・・・

BIMG_8207.jpg

BIMG_8221.jpg

帰りの便も、大きく揺れることもなく定刻に萩港へ到着。


バイクの荷物も大丈夫。
BIMG_8223.jpg



キャンプ場に向かう途中で、萩の反射炉へ寄ってみることに。
BIMG_8224.jpg

BIMG_8226.jpg

BIMG_8228.jpg



今日の泊まりは田万川キャンプ場
受付は道の駅で一泊500円でした。
BIMG_8229.jpg
遠くにファミキャンが二組ですが、広くてテーブルもあり居心地良さそう。

ここは直ぐ隣に温泉があるのでいいですよ。
道の駅もコンビニすぐ近くにあるし。 

それからホームセンターもあります。 無くした帽子の代わりに新しいものを買ってきました。(#^.^#)




道の駅でサザエをゲット


BIMG_8231.jpg


百均のトレーが焼くのにピッタリでした。
BIMG_8233.jpg

おいしくいただくことが出来ました。
このやり方もありですね。これからも使えそうで、トレーも少し色がついただけでダメージ無し。


これで帽子のたたり?(悲劇?)吹っ飛びましたヨ。 \(^o^)/



ただ、ファミキャンが近くにいるので、花火やらなにやらで騒がしかったけれど、
半日歩いた疲れもあり、ぐっすり朝まで眠れました。



翌朝、歯磨きをしたのはいいけど、歯ブラシセットを洗い場に置き忘れてきてしまいました。・・・んーん



 『鬼ようず』 とは、長男の誕生を祝う大凧のことでした。



三日目へ続きます




















ダムカードコンプリート 1日目
Category: キャンプ  
・・・
・・
今年も中国整備局では『ダムカード認定書』の交付イベントが始まりました。
昨年もコンプリートコースの認定書をもらっていますが、今年は新たに5つのダムが新しく
追加になっています。
イベントの期間が7月21日~8月31日と短いですが、盆休みを利用して行ってきました。

予定では3泊4日でダムカード5枚をゲットする余裕のある日程のように思えますが、
今回は離島が2つも入っており、日程的にも金額的にもハードルが高いものになっています。

予定ルートは

8月16日(火) 1日目 [約400km] 
 自宅-徳山東IC—未武川ダム-水越ダム-秋吉台-角島-千畳敷キャンプ場 
8月17日(水) 2日目 [約100km] 
 千畳敷-萩~~見島(見島ダム)~~萩-田万川キャンプ場 
8月18日(木) 3日目 [約260km] 
 田万川キャンプ場-浜田第2ダム-境港~~西ノ島(別府)~~中の島(菱浦)-明屋海岸
8月19日(金) 4日目 [約240km] 
 明屋海岸-菱浦~~別府-美田ダム-国賀海岸(摩天崖)-島内観光-別府~~七類-自宅

見島への船は高速船を利用しバイクは萩港へ置いておきます。
また、高速船やフェリーには当然発着時間があり、便数も限られるので事前に時間を決めています。


自宅を6時40分に出発。
ダムカードの配布は9時からなので、この時間ならば余裕で未武川ダムに到着できるでしょう。

ところが、広島を過ぎてもう少しで高速を降りるというところで、いきなりの雨に打たれ、
カッパを着る間もなく全身ずぶ濡れに・・・

雨が降りそうになってきたのでSAかPAに寄って雨雲ズームレーダを確認しないと行けないなと思いつつも
入るタイミングを逃していたらこんなことに・・・     

ここしばらく雨がまったく降っていなかったので天気予報も見ずに出てきてしまい、油断ししてました。  

高速道路を降りてからも雨は降っていましたが、全身ずぶ濡れですので、今更カッパもないしなと思いながら
進んでいると、自転車に乗っている人も歩いている人の中にもずぶ濡れの人がかなりいましたので、納得?
そう、自分だけが悪いんじゃないのだと一人納得。 
と言うものの気持ち悪い、パンツもビシャビシャです・・・

それからナビとレーダ探知機にも雨がかなりかかって大丈夫かなと思うくらい濡れています。
大丈夫でしたけど・・・   さすが日本製?

でも何とか未武川ダムへ着くと同時に雨がやんでくれました。
BIMG_8065.jpg

このダムはロックフィルダムで、でかい口のオリフィスゲートが特徴ですね。
BIMG_8068.jpg


BIMG_8067.jpg

BIMG_8071.jpg

BIMG_8073.jpg


BIMG_8069.jpg

BIMG_8070.jpg

でかい口ですね。
BIMG_8066.jpg

管理事務所のゲートが開かれていますが、停めてある車もなく誰もいない模様。
BIMG_8074.jpg
もともとここではダムカードの配布をしていないので、少し上流の公民館を目指します。

この公民館の場所がわからず行ったり来たり・・・
派出所で聞こうと呼び鈴を鳴らすも誰も出ず・・・
 
仕方がないので、またうろうろしているとようやく公民館の案内の看板が...
奥まったわかり難いところにあったのを発見。
BIMG_8080.jpg
無事1枚目のカードをゲットです。

次の水越ダムへ向かう途中の通り道だったので、菅野ダムへも寄ってみました。
BIMG_8082A.jpg

ここでは50周年の記念ダムカードが限定で300枚配布されたようですが、
既に配布済みとなっており、残念です...
仕方ないので普通のダムカードだけをもらって次へ向かいます。(既に1枚持っていますが)

BIMG_8083.jpg


ほどなく水越ダムへ到着
BIMG_8088.jpg

BIMG_8086.jpg


BIMG_8085.jpg


ここでは発電所カードも配布しているようで、ダムカードとは別に菅野発電所カードと水越発電所カードも
合わせてもらいました。 なんか得した気分 
BIMG_8084.jpg
山口県では独自に12枚の発電所カードを配布しており、こちらもいずれコンプリートを目指していきますよ。


途中で燃料を補給し、秋吉台は通過するだけで特に休憩はなし。


そして、またもや降りだしてきたので雨雲ズームレーダを確認しながら、雨宿り・・・
BIMG_8093.jpg

この天気だと角島へ行っても仕方がないのでパスすることに。  

その代わりキャンプ予定の千畳敷に近い、テレビでも取り上げられ最近人気が出てきた
元乃隅稲成神社へ行ってみることに。
BIMG_8095.jpg
こんな鳥居は見たことないですよね?

賽銭箱があんなところに・・・ 
ということで皆さん賽銭を入れようと上に向かって投げています。

こちらの写真に見覚えのある方は多いいのでは?
BIMG_8097.jpg
外国でもネットで有名になっているらしいですね。

ここで
BIMG_8100.jpg
御朱印をゲット
ただ、貼り付けタイプでしたが・・・
BIMG_8099.jpg

結構、人が多いので明日早朝に訪れることにしてキャンプ場へ
BIMG_8101.jpg


千畳敷にあるレストランのカントリーキッチンでキャンプの受付をすませてから、先に買出しへ行きます。
料金は500円です。

買出しから戻ってテントを設営。
いよいよドッペルのライダーズバイクインテント T2-466 の実戦初投入です。 
パタパタと骨を広げて傘を開くように紐を引っ張れば、あっという間にテントの自立が完成。
 
BIMG_8106.jpg

BIMG_8107.jpg

BIMG_8108.jpg

インナーは取り外したスタイルでいきます。
BIMG_8110.jpg
風が結構強い所なので念のためにストームロープを取っています。
足元が固定されていないと、風で飛んで行ってしまいますからね。

コットはキャンパーズベッドⅡですが、色がグレーでくしくもテントと同じ色ですね。
BIMG_8111.jpg

お店の閉店後は乗り入れても構わないとの許可をもらっています。
BIMG_8120.jpg
小高い丘の上にあるのがカントリーキッチンですね。


テーブルが使えるので持参したテーブルや椅子は出さなくてすみました。
BIMG_8112.jpg

風力発電のプロペラが見えます。
BIMG_8114.jpg

BIMG_8116.jpg

今夜のつまみとおかずはセブンで購入
BIMG_8117.jpg
手抜きですがうまい!!!


突然ですが、交換したチェーンの具合が良くない。
アクセルを開けてトルクが少しでもかかるとガッーという嫌な音がします。アクセルを戻すと嘘のように
静かにはなるのですが・・・

チェーンは2りんかんで交換してもらい、DIDのメッキタイプを選択したのですが、ノーマルに比べて
プレートのサイズが大きくて、フロントスプロッケットの消音ゴムと干渉しているようです。

しばらく乗って様子を見てくださいということだったのですが、全然良くならない・・・ どうしたものか 

 

2日目へ・・・












ダムカードを求めて
Category: キャンプ  
・・・
今年も隠岐へ行って来ました。

BIMG_8415A.jpg

ダムカードの配布ダムが今年度も追加され、 『中国地方ダムマニア認定書ゲット』 の
イベントが7月21日~8月31日まで行われていますので、
盆休みを利用してコンプリートコースを目指してのキャンプツーリングに出かけました。

詳しいことはこれから書いていきますので、よろしく。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。