アクセスカウンタ
プロフィール

・・・トッチャン・・・

Author:・・・トッチャン・・・
新型VTR250に乗っていましたが,
2012年3月にNC700Xに乗り換えました。

最新記事
検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ダムカードコンプリート 2日目
Category: キャンプ  


8月17日(水) 2日目 [約100km] 
 千畳敷 - 萩 ~~  見島(見島ダム) ~~~ 萩 - 田万川キャンプ場 


今日はいい天気になりそうな予感 

BIMG_8129.jpg



奥に見えるのが静岡から来ている青年のバイクとテント
BIMG_8127A.jpg

クリックすると別ウインドウで大きな画像で開きます。
BIMG_8123.jpg


昨日に続き朝一番で訪れてみた、元乃隅稲荷神社
BIMG_8131.jpg

神社の入り口
BIMG_8143.jpg

これが話題の日本一入れにくい賽銭箱 (あまり大きくありません)
BIMG_8140.jpg

なんと、なんと 一投目で入っちゃいましたよ。いいことあるかな?

ただ、百円硬貨が無かったので10円硬貨でしたけど・・・ (*_*)

でも昨日、御朱印をもらうのに200円使っているからいいかな?

ここが神殿???
BIMG_8133.jpg
非常に小さな建物ですね。

でも、アイデアが光っています。
BIMG_8132.jpg
晴天で海がブルーに耀いたら絶景になります。

このあと大変なことが・・・


突然の強風で被っていた帽子が飛ばされコロコロと、
      慌てて追いかけるもあと少しということで崖の下へ・・・

すみません、賽銭が足りなかったようです。(;д;)  賽銭のたたり?(悲劇?) その① 
・・・お気に入りの帽子だったのに・・・


気を取り直して
BIMG_8134.jpg


BIMG_8135.jpg


BIMG_8139.jpg

鳥居の中を下へ降りてみました。
BIMG_8137.jpg


BIMG_8138.jpg
下から本殿?を見上げると (右上の小さい赤い屋根の建物が本殿?)



萩港へ着きましたが・・・

9時5分の出港で見島への到着が10時20分
そして、見島からの出港が14時20分と、約4時間の滞在になります。

でもバイクはここへ置いていくので、島では歩きです、ハイ。

車の駐車は有料ですが、バイクは駐輪場へ置いてくださいとのことで、無料。
でも空きがない・・・

 仕方がないので自転車を少しづつ寄せていき、なんとかスペースを確保。    (T0T) その②


萩港への到着が遅くなりそうだったのと、港に着いてから近くにコンビニかなにかあるだろうと
思っていたら、何もありませんでした。朝飯食っていません。
                         (T0T) 賽銭のたたり?(悲劇?) その③

見島に着いてから朝食兼昼飯を調達するしかないようです。


高速船 『おにようず』?
BIMG_8144.jpg

この時期なのでガラガラかと思いきや、結構な人が。
でもビジネスと釣り客が大半で、観光?で訪れるような人はほとんどいないような・・・





高速船ですが、車が載せられるようになっていました。
BIMG_8145.jpg
料金はいくらなんだろう?


出港してからは、それほど揺れることもなく見島へ到着。



すぐに折り返すようですので、しばらく眺めていると、

BIMG_8148.jpg


別れのテープが、帰省していた家族との別れでしょうか?

BIMG_8151.jpg

見ているだけでも心がじーんときて、泣けてきますね。 (T0T) その④ この場合はたたりでないですね


離岸すると別れの悲しみを断ち切るように、いっきに全速で本土へ向けて出港していきました。

BIMG_8154.jpg

❗❗❗ 『おにようず』
BIMG_8153.jpg


それにしても、暑い。 昨日とはうって変わってこの晴天です。



ここは見島牛の産地らしいです。
BIMG_8155.jpg


さて、ダムまで歩きますか。

BIMG_8156.jpg


それにしても、暑い!!!  

そうだ、帽子がない!!!!!!  (T0T)   賽銭のたたり?(悲劇?) その⑤


ダムが見えてくると、少しは元気が、
BIMG_8157.jpg

ここを右にいくとダムまでもう少し。
BIMG_8158.jpg

ようやく到着。
BIMG_8159.jpg


BIMG_8170.jpg


堰堤に埋め込まれたモニュメント


無事、セーラームーンになれたかな?
BIMG_8163.jpg



さすがに、カブトムシにはなれないかな?
BIMG_8169.jpg

ダムの完成が平成○○年ですので、既にみんな成人して新たな夢に向かって
進んでいるのだろうね。

BIMG_8160.jpg



これ、好きです。
BIMG_8164.jpg

焦らず、あきらめずに、目標に向かって一歩一歩ですね。


ダムの管理施設の建物の日陰で休んでいる夫婦が。
少し話をすると、やはり自分と同じ目的で訪れているということで、
ここのダムカードが最後になり、コンプリート達成らしいです。お疲れさまでした。




ダム湖を一周してみます
BIMG_8174.jpg

『おにようず』? の マンホール
BIMG_8166.jpg


海が近いダムです
BIMG_8175.jpg


BIMG_8178.jpg


BIMG_8179.jpg


亀はあがらなくてもいいような?
BIMG_8180.jpg

流されて海亀にでも??


ここまでで一時間以上歩いたような、 でも出港まではまだまだ時間があります。

BIMG_8181.jpg


BIMG_8182.jpg


近くに天然記念物のジーコンボというものがあるらしいので、寄ってみることに。

車やバイクに乗っている人にはたまに会いますが、歩いている人や農作業をしている人は皆無。


ジーコンボの場所に到着


BIMG_8186.jpg

ようは、昔の墓(古墳)?


BIMG_8189.jpg

時間があるから寄ってみましたが、ここを目的にする旅は無いかなと・・・ (個人的感想です)



暑い中、港まで戻ってくると、発電所がありました。


クリックすると別ウインドウで開きます(文字が読めるようになります)
BIMG_8193.jpg


ジャンプ台のような・・・
BIMG_8194.jpg


食堂が見当たらなくて、仕方なく小さな店でパンを買って昼食としました。

港のベンチでパンを食べながら、この島の山の上にある自衛隊の基地へ荷物を届けるために
来ていた配送業のおじさんと少し話を。

車は萩港へ置いてあり、人力で荷物を運ぶようです。運送料金はいったいいくらなのか?
聞いておけばよかったですね。


これが『おにようず』の正体

BIMG_8195.jpg


ダムカードを配付している萩市役所の見島支所(見島公民館)へ向かいます。

それから見島といえば、これっ! クロマグロ。
見島沖には対馬海流に乗って北上するマグロの通り道があるようです。
北上して大間の本マグロになる前のマグロですね。


俳優の松方弘樹さんが釣り上げて話題になっていましたよね。
BIMG_8196.jpg


BIMG_8197.jpg

第12回も続けて優勝しているんですね、さすがです。

BIMG_8200.jpg


本物の『おにようず』 もっと大きいのもあるんだろうね?
BIMG_8198.jpg


BIMG_8202.jpg



時間をもて余しぎみでしたが、ようやく出港の時間が来ました。


この便にも別れのシーンが・・・
BIMG_8206.jpg

なんだか、寂しくなるのであえてこれ以上は撮りませんでした。

ほどなく港を離れます。

この島へはもう訪れることも無いでしょう、たぶん・・・

BIMG_8207.jpg

BIMG_8221.jpg

帰りの便も、大きく揺れることもなく定刻に萩港へ到着。


バイクの荷物も大丈夫。
BIMG_8223.jpg



キャンプ場に向かう途中で、萩の反射炉へ寄ってみることに。
BIMG_8224.jpg

BIMG_8226.jpg

BIMG_8228.jpg



今日の泊まりは田万川キャンプ場
受付は道の駅で一泊500円でした。
BIMG_8229.jpg
遠くにファミキャンが二組ですが、広くてテーブルもあり居心地良さそう。

ここは直ぐ隣に温泉があるのでいいですよ。
道の駅もコンビニすぐ近くにあるし。 

それからホームセンターもあります。 無くした帽子の代わりに新しいものを買ってきました。(#^.^#)




道の駅でサザエをゲット


BIMG_8231.jpg


百均のトレーが焼くのにピッタリでした。
BIMG_8233.jpg

おいしくいただくことが出来ました。
このやり方もありですね。これからも使えそうで、トレーも少し色がついただけでダメージ無し。


これで帽子のたたり?(悲劇?)吹っ飛びましたヨ。 \(^o^)/



ただ、ファミキャンが近くにいるので、花火やらなにやらで騒がしかったけれど、
半日歩いた疲れもあり、ぐっすり朝まで眠れました。



翌朝、歯磨きをしたのはいいけど、歯ブラシセットを洗い場に置き忘れてきてしまいました。・・・んーん



 『鬼ようず』 とは、長男の誕生を祝う大凧のことでした。



三日目へ続きます




















ダムカードコンプリート 1日目
Category: キャンプ  
・・・
・・
今年も中国整備局では『ダムカード認定書』の交付イベントが始まりました。
昨年もコンプリートコースの認定書をもらっていますが、今年は新たに5つのダムが新しく
追加になっています。
イベントの期間が7月21日~8月31日と短いですが、盆休みを利用して行ってきました。

予定では3泊4日でダムカード5枚をゲットする余裕のある日程のように思えますが、
今回は離島が2つも入っており、日程的にも金額的にもハードルが高いものになっています。

予定ルートは

8月16日(火) 1日目 [約400km] 
 自宅-徳山東IC—未武川ダム-水越ダム-秋吉台-角島-千畳敷キャンプ場 
8月17日(水) 2日目 [約100km] 
 千畳敷-萩~~見島(見島ダム)~~萩-田万川キャンプ場 
8月18日(木) 3日目 [約260km] 
 田万川キャンプ場-浜田第2ダム-境港~~西ノ島(別府)~~中の島(菱浦)-明屋海岸
8月19日(金) 4日目 [約240km] 
 明屋海岸-菱浦~~別府-美田ダム-国賀海岸(摩天崖)-島内観光-別府~~七類-自宅

見島への船は高速船を利用しバイクは萩港へ置いておきます。
また、高速船やフェリーには当然発着時間があり、便数も限られるので事前に時間を決めています。


自宅を6時40分に出発。
ダムカードの配布は9時からなので、この時間ならば余裕で未武川ダムに到着できるでしょう。

ところが、広島を過ぎてもう少しで高速を降りるというところで、いきなりの雨に打たれ、
カッパを着る間もなく全身ずぶ濡れに・・・

雨が降りそうになってきたのでSAかPAに寄って雨雲ズームレーダを確認しないと行けないなと思いつつも
入るタイミングを逃していたらこんなことに・・・     

ここしばらく雨がまったく降っていなかったので天気予報も見ずに出てきてしまい、油断ししてました。  

高速道路を降りてからも雨は降っていましたが、全身ずぶ濡れですので、今更カッパもないしなと思いながら
進んでいると、自転車に乗っている人も歩いている人の中にもずぶ濡れの人がかなりいましたので、納得?
そう、自分だけが悪いんじゃないのだと一人納得。 
と言うものの気持ち悪い、パンツもビシャビシャです・・・

それからナビとレーダ探知機にも雨がかなりかかって大丈夫かなと思うくらい濡れています。
大丈夫でしたけど・・・   さすが日本製?

でも何とか未武川ダムへ着くと同時に雨がやんでくれました。
BIMG_8065.jpg

このダムはロックフィルダムで、でかい口のオリフィスゲートが特徴ですね。
BIMG_8068.jpg


BIMG_8067.jpg

BIMG_8071.jpg

BIMG_8073.jpg


BIMG_8069.jpg

BIMG_8070.jpg

でかい口ですね。
BIMG_8066.jpg

管理事務所のゲートが開かれていますが、停めてある車もなく誰もいない模様。
BIMG_8074.jpg
もともとここではダムカードの配布をしていないので、少し上流の公民館を目指します。

この公民館の場所がわからず行ったり来たり・・・
派出所で聞こうと呼び鈴を鳴らすも誰も出ず・・・
 
仕方がないので、またうろうろしているとようやく公民館の案内の看板が...
奥まったわかり難いところにあったのを発見。
BIMG_8080.jpg
無事1枚目のカードをゲットです。

次の水越ダムへ向かう途中の通り道だったので、菅野ダムへも寄ってみました。
BIMG_8082A.jpg

ここでは50周年の記念ダムカードが限定で300枚配布されたようですが、
既に配布済みとなっており、残念です...
仕方ないので普通のダムカードだけをもらって次へ向かいます。(既に1枚持っていますが)

BIMG_8083.jpg


ほどなく水越ダムへ到着
BIMG_8088.jpg

BIMG_8086.jpg


BIMG_8085.jpg


ここでは発電所カードも配布しているようで、ダムカードとは別に菅野発電所カードと水越発電所カードも
合わせてもらいました。 なんか得した気分 
BIMG_8084.jpg
山口県では独自に12枚の発電所カードを配布しており、こちらもいずれコンプリートを目指していきますよ。


途中で燃料を補給し、秋吉台は通過するだけで特に休憩はなし。


そして、またもや降りだしてきたので雨雲ズームレーダを確認しながら、雨宿り・・・
BIMG_8093.jpg

この天気だと角島へ行っても仕方がないのでパスすることに。  

その代わりキャンプ予定の千畳敷に近い、テレビでも取り上げられ最近人気が出てきた
元乃隅稲成神社へ行ってみることに。
BIMG_8095.jpg
こんな鳥居は見たことないですよね?

賽銭箱があんなところに・・・ 
ということで皆さん賽銭を入れようと上に向かって投げています。

こちらの写真に見覚えのある方は多いいのでは?
BIMG_8097.jpg
外国でもネットで有名になっているらしいですね。

ここで
BIMG_8100.jpg
御朱印をゲット
ただ、貼り付けタイプでしたが・・・
BIMG_8099.jpg

結構、人が多いので明日早朝に訪れることにしてキャンプ場へ
BIMG_8101.jpg


千畳敷にあるレストランのカントリーキッチンでキャンプの受付をすませてから、先に買出しへ行きます。
料金は500円です。

買出しから戻ってテントを設営。
いよいよドッペルのライダーズバイクインテント T2-466 の実戦初投入です。 
パタパタと骨を広げて傘を開くように紐を引っ張れば、あっという間にテントの自立が完成。
 
BIMG_8106.jpg

BIMG_8107.jpg

BIMG_8108.jpg

インナーは取り外したスタイルでいきます。
BIMG_8110.jpg
風が結構強い所なので念のためにストームロープを取っています。
足元が固定されていないと、風で飛んで行ってしまいますからね。

コットはキャンパーズベッドⅡですが、色がグレーでくしくもテントと同じ色ですね。
BIMG_8111.jpg

お店の閉店後は乗り入れても構わないとの許可をもらっています。
BIMG_8120.jpg
小高い丘の上にあるのがカントリーキッチンですね。


テーブルが使えるので持参したテーブルや椅子は出さなくてすみました。
BIMG_8112.jpg

風力発電のプロペラが見えます。
BIMG_8114.jpg

BIMG_8116.jpg

今夜のつまみとおかずはセブンで購入
BIMG_8117.jpg
手抜きですがうまい!!!


突然ですが、交換したチェーンの具合が良くない。
アクセルを開けてトルクが少しでもかかるとガッーという嫌な音がします。アクセルを戻すと嘘のように
静かにはなるのですが・・・

チェーンは2りんかんで交換してもらい、DIDのメッキタイプを選択したのですが、ノーマルに比べて
プレートのサイズが大きくて、フロントスプロッケットの消音ゴムと干渉しているようです。

しばらく乗って様子を見てくださいということだったのですが、全然良くならない・・・ どうしたものか 

 

2日目へ・・・












ダムカードを求めて
Category: キャンプ  
・・・
今年も隠岐へ行って来ました。

BIMG_8415A.jpg

ダムカードの配布ダムが今年度も追加され、 『中国地方ダムマニア認定書ゲット』 の
イベントが7月21日~8月31日まで行われていますので、
盆休みを利用してコンプリートコースを目指してのキャンプツーリングに出かけました。

詳しいことはこれから書いていきますので、よろしく。






四国 魚梁瀬キャンプツー2日目
Category: キャンプ  
2日目 5月2日(日)



2日目も天気はいいようですね。

BIMG_7539.jpg

BIMG_7543.jpg

まったりと支度をしてますので、日はかなり昇っていい時間に・・・

さらに、松江からハイエースベースのキャンピングカーにバイクを積んで四国を回られている方と、
しばらく雑談をしたりしてました。

いつかは自分もキャンピングカーを持てたらいいなと思いますが、うらやましいですね。


そんなこんなで、さらに遅くなっていますが、

でもまあ、今回は急ぐ旅ではないので良しとしますよ。



さて、それでは目的のダムカードをもらうために奈半利町方面へ向けて南下していきます。

BIMG_7546.jpg



途中で見つけたものは?

BIMG_7547.jpg

連休なので何やら宴会かな?

BIMG_7549.jpg


BIMG_7551.jpg


BIMG_7552.jpg

かかしの里でした。

BIMG_7554.jpg


それにしても自転車やらイスを総動員していてますが、常設? それとも連休仕様かな?

少しの時間ですが、みなさん? と一緒に楽しませてもらいました。



さらに南下すると、


堀ヶ生橋(ほりがをはし)
BIMG_7559.jpg

森林鉄道遺産のコンクリートアーチ橋で重要文化財 (昭和16年建造)とのこと。


ですが、今も町とつながる非常に重要な県道として活用されています。

BIMG_7555.jpg

橋の中央には両側に待避所が設けられています。(バイクを停めたところ)



さらに下るとここにも森林鉄道遺産が。

二股橋 (昭和15年建造)
BIMG_7565.jpg


正面の川の上流がが魚梁瀬方面で、右側の川沿いの道が東洋町方面へ
BIMG_7569.jpg
まさに二股ですね。 南側(下流)から北側を見てます。

ここからは国道493号になります。そして、ここを奈半利方面へ。


平鍋ダム
BIMG_7571.jpg

帰ってネットで調べると、魚梁瀬ダムにハンコが3つ置いてある訳がわかりました。

この平鍋ダムと上流の久木ダムの堰堤には立ち入ることが出来ないので、まとめて置いてあるんですと。
納得です。

大規模な水害のあと
BIMG_7573.jpg

道路が崩壊しており、仮設橋を架けて対岸に応急の道を作っているようですが?

BIMG_7572.jpg

いつの水害だったのでしょうか?


※こちらも帰って調べてみると、平成23年の台風の集中豪雨によるものだったようです。
 上流に3つものダムがあっても水害が起きるなんて、相当の雨量だったんでしょうね。

 (連続雨量1167mm・24時間で852mmというとんでもない雨量だったようで、
  当時の観測史上1位の記録となっているようです。また、土石流もいくつか発生した
  とのこと。

  さらに、平鍋ダムは電源消失によりゲート操作が出来ず、越流したらしいです。 )




魚梁瀬ダムから30Kmあまりを下って、ようやく電源開発の事務所に到着。

ちょうど12時5分前に着きましたので、なんとかダムカードをもらうことが出来ました。
BIMG_7576.jpg

12時を回っていたら、昼休憩が終わるまで待たなければ行けなかったかも???



近くにはこんな観光地があります。

BIMG_7574.jpg

中岡慎太郎
BMP4_000164837.jpg

BMP4_000203382.jpg

BMP4_000210786.jpg



ここからは奈半利へ出ずに、Uターンして来た道を北上します。

そして二股まで戻って東洋町方面へ。



室戸を通らずに、奈半利と東洋町を結ぶ昔のみち(赤線)
BIMG_7577.jpg

四国のみちとなっていますがここを歩く人は、今いるのかな? 

お遍路さんも通らないだろうし・・・


BMP4_000129724.jpg

酷道与作(439号)にも負けない峠道。


野根へ出て国道55号を海岸沿いに北上

BMP4_000007584.jpg


阿南からは勝浦へ向かい、県道16号を西へと山の中へ入って行きます。



そして、正木ダムへ到着
BIMG_7586.jpg


BIMG_7587.jpg

無事ダムカードをゲット
BIMG_7582.jpg



今回の予定はこれで終了、と言うか時間切れですね。時刻はちょうど4時ですから。

ほんとは、香川県内のダムも少しは回っておきたかったのだけどね・・・




高松道を坂出に向かい、来た時と同じ道を戻ります。



8時前には無事帰宅することができました。


二日ともいい天気で、最高でした。



































四国 魚梁瀬キャンプツー
Category: キャンプ  
今年のゴールデンウイークのキャンプツーリングは四国へ

1泊だけの予定になりましたが、 5月1日~2日 に行ってきました。


1日目 5月1日(土)

天気予報は2日間ともいいようですので、雨は考えていません。
ということで、カッパは持たず。(四国なのに大丈夫?という声も聞こえてきますが・・・)

久々のキャンプとなり、自然と意味もなく期待が膨らみますね、ワクワク状態です。


瀬戸大橋
BMP4_000458737.jpg


土佐黒潮鉄道と太平洋が見渡せる赤野展望台からの眺め
BIMG_7461.jpg





荷物は前日に積み込んでおり、6時前には自宅を出発。



車も少なめな山陽道を通り、倉敷ジャンクションから瀬戸中央自動車道へ


鴻ノ池SAで小休止
BIMG_7460.jpg
家を出る前にも確認していますが再度、荷物がしっかり固定されているか確認しておきます。


この鷲羽山トンネルを抜けると、すぐに瀬戸大橋です。

BMP4_000134150.jpg


1本目の下津井瀬戸大橋
BMP4_000183015.jpg

朝日がまぶしく、若干もやもかかっていますので、島々がくっきりとはいかないようです。

それでも気分は最高。スピードは控えめでこの感覚を楽しみます。


2から3本目は 櫃石島橋と岩黒島橋の斜張橋
BMP4_000260714.jpg
朝早いせいか車も少なめですね。


4本目が与島橋


5から6本目が 北備讃瀬戸大橋と南備讃瀬戸大橋
BMP4_000424233.jpg


そして坂出料金所
BMP4_000845299.jpg
ETC割引で料金は1590円なり。


讃岐富士を見ながら高松自動車道を西へ向かい、高知方面へ。

BMP4_000909909.jpg

正式名は飯野山と言うらしいですが、別名として讃岐富士と呼ばれており、
こちらの方が有名ですし、馴染みがありますね。



続いて川之江ジャンクションから南へ高知自動車道へと進みます。

そして南国インターを降りて室戸方面へ向かう国道55号へ


土佐黒潮鉄道と太平洋が見渡せる赤野展望台からの眺め
BIMG_7463.jpg
以前も同じような写真を撮ったな...


安田町からは北へ入り、県道12号を馬路村方面へ


今回の第一目的地である『魚梁瀬ダム』へ到着
BIMG_7466.jpg

このダムはロックフィルダムですね。
BIMG_7467.jpg
そして、法面に道路が設けてある変わり種のダム(ただ、一般車両は通行不可のようです)

何やら工事中のようですが、本日はお休みのようです。
BIMG_7468.jpg



肝心のダムカードは?

ここではもらえないようです・・・ 
BIMG_7469.jpg

後で確認すると、今日は5月1日・・・ 5月1日を除くと書いてありましたので・・・


でも結果的にはよかったかも? 事務所には明日行きますので。


それから、看板の柱には四国堰堤88箇所巡りの印鑑が備えられていました。
BIMG_7470.jpg

こちらの巡礼もいずれは...。 でもハンコが3つもありますがなぜ?




BIMG_7472.jpg

堰堤のアップ
BIMG_7476.jpg


BIMG_7478.jpg

魚梁瀬森林公園のオートキャンプ場に寄ってみるが、事前に調べてた通り、
サイト1,500円 + 入園料200円と車と同じでバイクでは割高感が高い。

設備はきれいだし、芝生も手入れされていい感じなんだけど、残念...


この奥にもキャンプできるところがありそうなのでそちらへ行ってみることに。

ダム湖の上流に魚梁瀬丸山公園があり、ここでは森林鉄道を体験できる施設があります。

ここは後で寄ることにして、さらに上流のキャンプ地を目指してみます。


舗装はされていますが、あちこちで道の上に水が流れており、バイクは泥だらけ・・・

なんとか、千本山の登山口まできましたが、キャンプ場らしきものは見当たりません。

BIMG_7485.jpg

BIMG_7484.jpg

これより先はダートになっており、このまま進むべきか躊躇します。

結局、キャンプ場探しはあきらめ引き返すことに・・・


(帰ってネットで調べると、ほんの少し先に宝蔵山親水広場というキャンプ場が確かにありました)


戻って魚梁瀬丸山公園の森林鉄道をチェック

温泉もあるようですね。
BIMG_7497.jpg


「谷村式ディーゼル機関車」
BIMG_7487.jpg

BIMG_7488.jpg

「谷村式ディーゼル機関車」と「野村式ディーゼル機関車」
BIMG_7498.jpg

BIMG_7496.jpg


BIMG_7494.jpg

BIMG_7495.jpg



こちらは馬路温泉前にある馬路森林鉄道

BIMG_7516.jpg

BIMG_7500.jpg

BIMG_7512.jpg

BIMG_7503.jpg

BIMG_7505.jpg



BIMG_7518.jpg

それからインクラインも
BIMG_7508.jpg


動力は水のため、台車の底のタンクより放水中
BIMG_7520.jpg

カウンタウエイトと台車の重量バランスだけで上下させており、確かにエコですね。


こちらは本物の森林鉄道
BIMG_7523.jpg

BIMG_7527.jpg


崩壊しかかっています・・・
BIMG_7525.jpg

BIMG_7529.jpg


ごっくん馬路村でお馴染みのゆずドリンクは全国的に有名ですよね?

BIMG_7528.jpg

そのごっくん工場もありましたよ。


で、結局キャンプ地は 魚梁瀬森林公園オートキャンプ場 と、なりました。

BIMG_7531.jpg


テントを張ってからすぐ近くの、先程の森林公園にある 『やなせの湯『 へ
一応温泉となっていて、食事も出来るようです。

BIMG_7532.jpg

さっぱりした後は晩飯


今回はメスティンでご飯を炊いてみました。
BIMG_7536.jpg

焦げ付きも、芯も残っていなくてうまく炊けました。
BIMG_7538.jpg
黒っぽく見えるのは、お焦げでなくふりかけですよ。


食事をすませた後はまったりとたき火を。
BIMG_7534.jpg


BIMG_7537.jpg

後で確認するとここはたき火禁止でした。直火でないから大丈夫と思っていましたが、
たき火自体がダメなようです。 すみませんでした・・・ 



2日目へ続く








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。