アクセスカウンタ
プロフィール

・・・トッチャン・・・

Author:・・・トッチャン・・・
新型VTR250に乗っていましたが,
2012年3月にNC700Xに乗り換えました。

最新記事
検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


北海道キャンプツーリング 北海道 7日目
Category: 北海道 2017  

2017年7月15日(土) 北海道7日目


早朝カヤックツーリングにお出かけの、隣のライダーのお二人です。

ライダー???

そうなんですよ、バイクで来ているんです。
組立式のカヤックで、バイクに積載できるサイズになるんです。
BIM7_0845.jpg
旭川からのオフローダと京都からのBM乗りの方です。

BM乗りの方はカヤックを札幌で買って持って来たということですよ。
バイクツーでカヤックツー、これって新しい流れですね。

自分も年に2回ぐらいは毎年、四国の海ににシュノーケリングに出かけているので、買っちゃおうかな?
ジュラルミンパイプの組立式は高いけど、中古も出回っていると。まじで、考えちゃいますね?

カヌーとカヤックの違いは、パドルが両側(ダブル・ブレード・パドル)についているか
片方(シングル・ブレード・パドル))だけに付いているかの違いだけで、両側に付いているのがカヤック。
カヌーはカナディアンカヌーとカヤックに分けられていて、大まかにはカヌーの中にカヤックが
含まれているような感じだそうです。

行きはバイクに積載して持ってきて、使った後コンビニから送り返すってのも有りかもね?


お二人を見送ってからの出発です。(かすかに2艇、写っていますよ)
BIM7_0847A.jpg
BMも少ししか写っていませんけど・・・


さて、問題の給油

リヤシートのバッグを下に降ろさないといけないのですが、今回はいいものを準備してきました。
BIM7_0849.jpg

これ、アマゾンで買いました。
BROCKST.jpg 
ロックストラップ


バックルが付いているのでワンタッチで取り外しが可能でもって、強力なゴムが内蔵されており
適度なテンションが掛けれるので、お奨めです。

あとは、サイドバックを固定している前側のバックルを外して、サイドバッグを少し後ろにずらす
だけでリヤシートを開くことが出来ます。
BIM7_0848.jpg
多少は楽になったかな?

400Kmに1回のイベントなので、まあ良しとしましょう (^ω^) 

BMA30000172.jpg

早朝の摩周湖第一展望台の駐車場
BIM7_0862.jpg
係りの方がまだ周辺を清掃中でしたが、しっかり駐車料金を請求されました。
もう少し早く到着してれば、な~んて、思っていませんよ・・・

BIM7_0861.jpg

画像をクリックすると別ウインドウで、動くパノラマ写真が開きます
BIM7_0855P.jpg

BMA300001731.jpg 

共通駐車券をもらったので、今回はあそこにも寄ってみます。
BMA30000173.jpg 
左手に見える白い山です


前回来た時も共通駐車券はもらっていますが、ここを訪れるのは初めてです
BIM7_0863.jpg
バイク用の駐車スペースは、めり込み転倒防止のためのコンクリート仕様です

BIM7_0867.jpg

BIM7_0878.jpg

BIM7_0879.jpg

BIM7_0872.jpg
硫黄の臭いは個人的に結構好きです 
見事な結晶
BIM7_0885.jpg

BIM7_0881.jpg


続いて、こちらへ
BMA30000175.jpg

この時間になると三連休初日の土曜日ということもあり、車も多く観光バスまでもが・・・
BIM7_0904.jpg

そして、木道までも、
BIM7_0888.jpg
完全に、観光地化してますね・・・
BIM7_0889.jpg


BIM7_0890.jpg

BIM7_0895.jpg

おまけに、今日の神の子池は・・・

BIM7_0891.jpg

感動の期待が大き過ぎるだけに、思いとのギャップが大きいと落胆が激しい・・・
贅沢なことを言っているとは思うのですが、

自分の中での、北海道に来たら絶対に寄るべき所からはランクダウンのような・・・
(あくまでも、自分自身の中でのランキングの話ですから)


ここから知床に向かいますが、途中寄っておきたい場所へ、


BMA30000177.jpg 

ここも開発が進み道路が整備されつつあります。 舗装も間近・・・  なんか残念

多少でも、アクセスが難しいとか、自然そのままだったりとかを期待する自分にとっては
観光地化が進むのは残念でなりません。
(・・・自分勝手で都合のいいことを言っているので、無視してください)

さくらの滝
BIM7_0938.jpg

前回よりかなり水量が多いような気がします
BIM7_0954.jpg

BIM7_0930.jpg
今回も次から次へとジャンプするサツキマスが見れました
BIM7_0949.jpg
やはり今回も滝の上に昇れたマスはいないような? 
(でも、きよさと観光協会のホームページによると、滝越えに成功するマスが僅かですがいるようです)


斜里334号から 天に続く道
BIM7_0991.jpg

BIM7_0997.jpg


オシンコシンの滝を上から見ようと思ったのですが、こちらも通行止め
BIM7_1012.jpg 
斜里側からの登り口は工事中のゲートがあり、警備のおじさんに聞くと
反対側からなら行けるよと言っていたのに・・・

ウンチ!!! 💩
BIM7_0999.jpg

これって、クマの???
BIM7_1004.jpg
まだ湯気が上がっていそうなほど新鮮???

BIM7_1020.jpg
下を走っているのが、知床国道334号
BIM7_1015.jpg

ウトロの知床世界遺産センターの前まで来ると!!!
BMA300001821.jpg

『あっクマだ!!!    クルマ降りたら、事故のもと』

BMA300001822.jpg
着ぐるみのクマでした。(中国語やハングル語も必要のような・・・) 

あの~、バイク乗りは何もできないんですけど。(2015年に体験済みなんです)


BMA300001831.jpg

BMA300001832.jpg


BIM7_1027.jpg

BIM7_1021.jpg

BMA300001841.jpg

熊の湯は今回パス
BMA300001842.jpg


羅臼の道路脇の公園で遅い昼食をとりながらカメラテスト
BIM7_1028.jpg
上の写真の灯台をズームしてみました(デジカメの40倍ズーム)
BIM7_1029.jpg
明るいと結構いけますね 

今回持ってきたカメラは PowerShot SX720 HS
型落ちですがメーカからのキャッシュバックもあり、安く買うことができました。
BIM7_1035.jpg

知床横断道路を戻ってます
BMA30000185.jpg

カムイワッカ湯の滝へ向かう林道
BMA300001861.jpg

車・・・車
BMA300001862.jpg

BMA300001863.jpg
車・・車   車のの多いこと
BMA300001864.jpg

埃でバイクが真っ白に
BIM7_1046.jpg

BIM7_1042.jpg

BIM7_1038.jpg

画像をクリックすると別ウインドウで、動くパノラマ写真が開きます
BIM7_1059P.jpg

BIM7_1051.jpg

BIM7_1050.jpg

BIM7_1051.jpg

BIM7_1083.jpg



本日のキャンプ地は、『みどり工房しゃり そよ風キャンプ場』にしました。

斜里のまちにあるので知床からは少し離れていますが、
施設も新しく、きれいに管理された居心地のいいキャンプ場です。

そして、選んだポイントはもう一つ、ふかふかの芝であること

3日目に破れたドッペルのコットの状態が段々ひどくなり、もう使えない状態です。
マットを持ってきておらずシートを敷いての地面への直寝ですから 


ここはバイクでのキャンパーは自分だけで、あとはファミリーとおばさんグループ
それから、学生グループ

でも敷地が広いので問題なし





つづく






Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。