アクセスカウンタ
プロフィール

・・・トッチャン・・・

Author:・・・トッチャン・・・
新型VTR250に乗っていましたが,
2012年3月にNC700Xに乗り換えました。

最新記事
検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


北海道キャンプツーリング 北海道 6日目
Category: 北海道 2017  

2017年7月14日(金) 北海道6日目


で~~ん!!!  NCが3台  (@_@)
 
BIM7_0756.jpg
偶然にも新旧の3台が揃いました。

皆さん、それぞれ別のところから来ていますが、上士幌航空公園のキャンプ場で隣り合わせになるなんて
ある意味、奇跡のなせる技。


快晴の航空公園
BIM7_0758.jpg

テントを撤収して出発する前に、記念にと並べてみました。
BIM7_0757.jpg

皆さんが共通で一致したことは、NCはツーリングでは最高なバイクであること。

DCTであれクラッチ付であれ、燃費はいいし、そこそこ走るので、高速を含むロングツーリングでも
疲れ知らずで快適にどこまでも走れちゃう。
満タンで400km以上余裕で走れるので、北海道でもガソリンスタンドを気にすることはありません。
そうは言っても実際には気にしながら走りますけど (^ω^) 

ひとつだけ問題があるとすれば、給油口の場所かな。
リヤシート上に荷物を載せている時は荷物を降ろす手間が増えるのが、唯一面倒です・・・


朝一番で、タウシュベツ川橋梁を再訪する予定が、撤収にとまどったりで、7時過ぎの出発になりました。

3台同時の出発です。お二方はナイタイ高原へ向かうそうですが、私はタウシュベツへ直行です。

朝一番の朝日に照らされたところの写真を撮りたかったのですが・・・



BIM7_0761.jpg


BIM7_0762.jpg


昨日と同じようにしっかりとゲートを閉めて、ここからは自己責任の世界です。
BMA300001601.jpg 

BMA300001602.jpg 

BMA300001603.jpg 

昨日は、このあたりにバイクを停めて、右側に歩いて入って行ったのですが、今日は
タウシュベツ川の対岸側から入るため、もう少し先へ進みます。
BMA300001604.jpg 
だあれもいませんね。

昨日ゲートの鍵の順番待ちをしている時に、香川から来た方に教えてもらった場所へ向かいます。

BMA300001605.jpg 

ここ、ここ、このカーブミラーが目印らしいです。

BMA300001606.jpg 

誰もいないところを、一人でやぶの中に入っていくのは怖い (>_<) 

BMA300001607.jpg 

クマよけの鈴は持ってきていないので、手を叩いたり声を出しながら降りていきますが・・・

BMA300001608.jpg 
やっぱり、怖い。

視界が開けてタウシュベツ川橋梁が姿を現しました。
BMA300001609.jpg 

BMA3000016010.jpg


ここまでくれば見通しもいいので、クマがいれば遠くから気づくことができますね? (^ω^)


BIM7_0765.jpg


BIM7_0764.jpg

最高の天気・最高の景色

BIM7_0768.jpg

変なコメントを入れるより、写真だけで十分ですよね。 

BIM7_0771.jpg

BIM7_0778.jpg


BIM7_0770.jpg

日が昇っていますので、影が・・・
ほんとは長い影が延びたところを撮りたかったんですが?
BIM7_0774.jpg

BIM7_0777.jpg

BMA30000161.jpg

BIM7_0781.jpg

BIM7_0782.jpg


BIM7_0786B.jpg
あとからやって来たオフロード乗りの若いカップルに撮ってもらいました




BIM7_0787.jpg


楽しい時間もつかの間、今回の旅 五つ目の試練が・・・

BMA3000016011.jpg

写真も撮ったし、さあ帰ろうと土手を戻りかけた時、グローブが無いことに気づき、

あわてて行ったり来たりとかなり探したのですが見つからず・・・ 


カメラを取り出した時にポケットに入れたのですが、チャックを閉めていなくて
どこかで落ちたんだと思います・・・


おまけに林道へ戻る上がり口がわからなくなり、藪のなかをかき分けながら、土手を登って
なんとかバイクのあるところまで必死でたどり着きました・・・ 

無くしたのはラフアンドロードのこのグローブです
BMA300001423.jpg
ほとんど新品の状態で、気に入っていたのに・・・


BIM7_0789.jpg

軍手があります。

いやいや、これしか無いのです。

白でなく、黒い軍手で良かっただなんて・・・(>_<)
BMA30000162.jpg


ここまで戻ってきました。
BIM7_0790.jpg



そのまま、ナイタイ高原へ向かいます。




BMA300001621.jpg 

BMA300001622.jpg

BMA300001623.jpg 

BMA300001624.jpg 


BMA300001625.jpg

ナイタイ高原で小休止
BIM7_0792.jpg
ソフトはほとんど食べないのですが、ここではなぜか食べたくなって。


BIM7_0793.jpg




鍵を返しに森林管理署へ

BMA300001631.jpg 

BMA300001632.jpg

BMA300001633.jpg

BMA300001634.jpg

BMA300001635.jpg


十勝西武森林管理署東大雪支所へ到着

BMA300001641.jpg


BMA300001642.jpg
やはり、鍵の返却を待たれている方がいました。お待たせしました 



津別峠を越えて屈斜路湖側へ出ようと思っています。


BIM7_0795.jpg


BMA300001661.jpg 

BMA300001662.jpg 



えっー、通行止め?・・・

BMA300001663.jpg 


左側へは行けるようですが・・・

BMA300001664.jpg 

BMA300001665.jpg 

展望台があります。

BIM7_0816.jpg

BIM7_0799.jpg
右側の木が大きくなり過ぎているのが、少し残念かな。

BIM7_0797.jpg

BIM7_0807.jpg

天気が良くて絶景だけど、クリアではないですね。
BIM7_0802.jpg
ここは再訪する必要がありそうですね

BIM7_0813.jpg

ドローンの飛行は禁止されていました
BIM7_0814.jpg


そして、今回の旅 六つ目の試練となりました・・・

屈斜路湖側へは抜けれません!!!
BMA300001663.jpg 
昨年の台風の災害だと思いますが通行止めなので、引き返して回り道するしかありません・・・
かなりの時間ロスになりますが、仕方ありませんね。


BMA300001671.jpg

BMA300001681.jpg


美幌峠
BMA30000169.jpg

BIM7_0824.jpg

ここもいいけど、津別峠の方がより高い位置から望められて眺望はいいかも?

手前の丘のグリーンはきれいに映えますね。
BIM7_0819.jpg

美幌峠の下り
BMA300001701.jpg 

BMA300001702.jpg

屈斜路湖側から津別峠へ向かう道
BIM7_0826.jpg
しっかり通行止めの案内表示がされています



和琴半島のキャンプ場

BIM7_0844A.jpg
(写真は翌日朝のものです)

BIM7_0842.jpg

前回来た時には、フリーサイトだったのですが、今回はファミリー用の区画が出来ていて
バイク組は端へ追いやられているような・・・

キャンプもアジア組が増えていますね。


それでも後ろを見ずに前だけ見ればこの景色、癒されます。

BIM7_0829.jpg

BIM7_0833.jpg

BIM7_0827.jpg
このカメラは隣の人のもの、インターバル撮影をされています

湖面を眺めながら、次第に暗くなっていくのをぼお~っと待っているのもいいもんです。


なので、ここは外せません (^o^)




つづく



Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。