アクセスカウンタ
プロフィール

・・・トッチャン・・・

Author:・・・トッチャン・・・
新型VTR250に乗っていましたが,
2012年3月にNC700Xに乗り換えました。

最新記事
検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


北海道キャンプツーリング 北海道 4日目
Category: 北海道 2017  

2018年7月12日(水) 北海道4日目


今日も天気の回復が見込めないので、撤収はあきらめ、連泊することに・・・


さて、このびふかアイランドにはチョウザメ館も併設されております。

かつて、チョウザメが町を流れる天塩川に遡上していたという。
そこで町の振興事業として、キャビアの収穫を狙いチョウザメの養殖の研究もしているのだそう。

キャンプ場に併設されているにもかかわらず、隣の常連のおじさんはここに入ったことがないという 
あの~、入館は無料なんですけど・・・

朝、一番に入ってみました。(入館できるのは9時からです)
BIM7_0624.jpg

入口に入館受付の帳簿があって、氏名と住所を記入するようになっていました。

チョウザメを繁殖させているので、稚魚からいろいろなサイズのチョウザメを見ることができますし、
天塩川に生息するイトウやサクラマスなどもいますよ。

チョウザメのこどもが、立ち泳ぎをしながらもぐらたたきのもぐらのように、しきりに
頭を突き出していたのが印象的でした。なぜなんだろう?

美深町では、チョウザメ養殖研究施設の拡充を計画しているようで、新しい施設の建設が
進められているようです。



チョウザメ館を見た後は、しばらくまったりとしてから、出発です。
今日は、西の方へ。

当然のことながらカッパ着用 ( ノД`)…




オトンルイの風車も脚しか見えませんね。 こっちも当然ながら、利尻富士もまったく見えません。

BMA300001401.jpg 
西からの風が結構強いようです。

北緯45度のモニュメントもそのまま通過します。

BMA300001412.jpg 


サロベツの原野に入った頃に、ようやく少し晴れてきました。
BMA300001421.jpg
が、カッパは着たままです。


サロベツ湿原センターへ到着する頃には、すっかり天気もよくなっていました。
BIM7_0625.jpg

湿原の木道を歩いてみましたが、花が少ないような?
前回来た時は、もう少したくさん咲いていたような気もしますが?

BIM7_0629.jpg

BIM7_0630.jpg


BIM7_0639.jpg

BIM7_0636.jpg




かつてチョウザメがいたという天塩川

BIM7_0644.jpg
ここ連日の大雨で、このありさま (@_@)




今日は特に何もすることもなく、

キャンプ場には5時前に帰ってきました。


BMA300001430.jpg 

BMA300001433.jpg

帰ってすぐに、延長手続きをして、温泉へ向かいます。


ここのキャンプ場の居心地がいいのが判ったような気がします。



今日は何もイベントがなかったので、ご飯の炊き方でも紹介します。
( 前にも同じようなのがあるかもしれませんが・・・(^_^;) )


①お米を洗い20分間程度、吸水させておきます。

②メスティンに水を入れます。
BIM7_0649.jpg
 お米1合だと、水の量はちょうど取っ手のリベットの中間部でOKです。

③ダイソー百均のアルコール燃料パックに着火。 ☆☆☆1合炊きにジャストサイズです☆☆☆
BIM7_0650.jpg
 100円で4パック入っていますので経済的 \(^o^)/

④熱が逃げないようにホイルで囲ってしまいます。
BIM7_0652.jpg

 あとはこのままほっておくだけ。

 この方法だと、風の影響を受けないので安定して加熱できます。

⑤20分位たつと完全に燃焼して火が消えます。
BIM7_0653.jpg

⑥反転して20分程度、蒸らします。
BIM7_0654.jpg

⑦はい出来上がり この方法だと失敗がありませんし、ほったらかしで炊飯できますのでお奨め (^ω^)
BIM7_0655.jpg
ふりかけをかけて、おいしくいただきました。


コットがだんだんひどくなっていく・・・(>_<)

このキャンプ場に3泊しましたが、いよいよ明日は移動します。


つづく













Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。