アクセスカウンタ
プロフィール

・・・トッチャン・・・

Author:・・・トッチャン・・・
新型VTR250に乗っていましたが,
2012年3月にNC700Xに乗り換えました。

最新記事
検索フォーム
QRコード
QR
四国 魚梁瀬キャンプツー
Category: キャンプ  
今年のゴールデンウイークのキャンプツーリングは四国へ

1泊だけの予定になりましたが、 5月1日~2日 に行ってきました。


1日目 5月1日(土)

天気予報は2日間ともいいようですので、雨は考えていません。
ということで、カッパは持たず。(四国なのに大丈夫?という声も聞こえてきますが・・・)

久々のキャンプとなり、自然と意味もなく期待が膨らみますね、ワクワク状態です。


瀬戸大橋
BMP4_000458737.jpg


土佐黒潮鉄道と太平洋が見渡せる赤野展望台からの眺め
BIMG_7461.jpg





荷物は前日に積み込んでおり、6時前には自宅を出発。



車も少なめな山陽道を通り、倉敷ジャンクションから瀬戸中央自動車道へ


鴻ノ池SAで小休止
BIMG_7460.jpg
家を出る前にも確認していますが再度、荷物がしっかり固定されているか確認しておきます。


この鷲羽山トンネルを抜けると、すぐに瀬戸大橋です。

BMP4_000134150.jpg


1本目の下津井瀬戸大橋
BMP4_000183015.jpg

朝日がまぶしく、若干もやもかかっていますので、島々がくっきりとはいかないようです。

それでも気分は最高。スピードは控えめでこの感覚を楽しみます。


2から3本目は 櫃石島橋と岩黒島橋の斜張橋
BMP4_000260714.jpg
朝早いせいか車も少なめですね。


4本目が与島橋


5から6本目が 北備讃瀬戸大橋と南備讃瀬戸大橋
BMP4_000424233.jpg


そして坂出料金所
BMP4_000845299.jpg
ETC割引で料金は1590円なり。


讃岐富士を見ながら高松自動車道を西へ向かい、高知方面へ。

BMP4_000909909.jpg

正式名は飯野山と言うらしいですが、別名として讃岐富士と呼ばれており、
こちらの方が有名ですし、馴染みがありますね。



続いて川之江ジャンクションから南へ高知自動車道へと進みます。

そして南国インターを降りて室戸方面へ向かう国道55号へ


土佐黒潮鉄道と太平洋が見渡せる赤野展望台からの眺め
BIMG_7463.jpg
以前も同じような写真を撮ったな...


安田町からは北へ入り、県道12号を馬路村方面へ


今回の第一目的地である『魚梁瀬ダム』へ到着
BIMG_7466.jpg

このダムはロックフィルダムですね。
BIMG_7467.jpg
そして、法面に道路が設けてある変わり種のダム(ただ、一般車両は通行不可のようです)

何やら工事中のようですが、本日はお休みのようです。
BIMG_7468.jpg



肝心のダムカードは?

ここではもらえないようです・・・ 
BIMG_7469.jpg

後で確認すると、今日は5月1日・・・ 5月1日を除くと書いてありましたので・・・


でも結果的にはよかったかも? 事務所には明日行きますので。


それから、看板の柱には四国堰堤88箇所巡りの印鑑が備えられていました。
BIMG_7470.jpg

こちらの巡礼もいずれは...。 でもハンコが3つもありますがなぜ?




BIMG_7472.jpg

堰堤のアップ
BIMG_7476.jpg


BIMG_7478.jpg

魚梁瀬森林公園のオートキャンプ場に寄ってみるが、事前に調べてた通り、
サイト1,500円 + 入園料200円と車と同じでバイクでは割高感が高い。

設備はきれいだし、芝生も手入れされていい感じなんだけど、残念...


この奥にもキャンプできるところがありそうなのでそちらへ行ってみることに。

ダム湖の上流に魚梁瀬丸山公園があり、ここでは森林鉄道を体験できる施設があります。

ここは後で寄ることにして、さらに上流のキャンプ地を目指してみます。


舗装はされていますが、あちこちで道の上に水が流れており、バイクは泥だらけ・・・

なんとか、千本山の登山口まできましたが、キャンプ場らしきものは見当たりません。

BIMG_7485.jpg

BIMG_7484.jpg

これより先はダートになっており、このまま進むべきか躊躇します。

結局、キャンプ場探しはあきらめ引き返すことに・・・


(帰ってネットで調べると、ほんの少し先に宝蔵山親水広場というキャンプ場が確かにありました)


戻って魚梁瀬丸山公園の森林鉄道をチェック

温泉もあるようですね。
BIMG_7497.jpg


「谷村式ディーゼル機関車」
BIMG_7487.jpg

BIMG_7488.jpg

「谷村式ディーゼル機関車」と「野村式ディーゼル機関車」
BIMG_7498.jpg

BIMG_7496.jpg


BIMG_7494.jpg

BIMG_7495.jpg



こちらは馬路温泉前にある馬路森林鉄道

BIMG_7516.jpg

BIMG_7500.jpg

BIMG_7512.jpg

BIMG_7503.jpg

BIMG_7505.jpg



BIMG_7518.jpg

それからインクラインも
BIMG_7508.jpg


動力は水のため、台車の底のタンクより放水中
BIMG_7520.jpg

カウンタウエイトと台車の重量バランスだけで上下させており、確かにエコですね。


こちらは本物の森林鉄道
BIMG_7523.jpg

BIMG_7527.jpg


崩壊しかかっています・・・
BIMG_7525.jpg

BIMG_7529.jpg


ごっくん馬路村でお馴染みのゆずドリンクは全国的に有名ですよね?

BIMG_7528.jpg

そのごっくん工場もありましたよ。


で、結局キャンプ地は 魚梁瀬森林公園オートキャンプ場 と、なりました。

BIMG_7531.jpg


テントを張ってからすぐ近くの、先程の森林公園にある 『やなせの湯『 へ
一応温泉となっていて、食事も出来るようです。

BIMG_7532.jpg

さっぱりした後は晩飯


今回はメスティンでご飯を炊いてみました。
BIMG_7536.jpg

焦げ付きも、芯も残っていなくてうまく炊けました。
BIMG_7538.jpg
黒っぽく見えるのは、お焦げでなくふりかけですよ。


食事をすませた後はまったりとたき火を。
BIMG_7534.jpg


BIMG_7537.jpg

後で確認するとここはたき火禁止でした。直火でないから大丈夫と思っていましたが、
たき火自体がダメなようです。 すみませんでした・・・ 



2日目へ続く








Comments

Leave a Comment