アクセスカウンタ
プロフィール

・・・トッチャン・・・

Author:・・・トッチャン・・・
新型VTR250に乗っていましたが,
2012年3月にNC700Xに乗り換えました。

最新記事
検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


北海道キャンプツー 2015年7月26日 9日目
Category: 北海道 2015  
7月26日(日)9日目  釧路~十勝ダム~狩勝峠~金山ダム~苫小牧


更新が遅くなっていますが、気長に待ってやって下さい。😢⤵⤵



6時過ぎに起床

朝食はバイキングなので、いろんなものが食べられます。と言っても、大食漢ではないので

満足しながらもそこにして終了。


さて、北海道にいられるのもあと二日となりましたが、相変わらず今日も天気が悪く、
この旅恒例のカッパを着用しての出発です。

釧路から西へ向かいますが、この天候なので、特に寄る予定もたてず、
いくつかのダムへ寄ってダムカードをもらうだけの予定...



途中で一息
BIMG_6703.jpg

ここでは雨は降っていませんが、降ったりやんだりでいつ降るかわからない状態・・・


案の定、走り出すとすぐに降りだしてしまいました・・・ 

白糠から北西へ向きを変えて本別方面へ。

さらに進んで、本別から士幌を通過し十勝ダムを目指します。

昼過ぎには十勝ダム(東大雪湖)へ到着
BIMG_6707.jpg
ナビカバーは100均のビニールのカードケースですが、雨の侵入もなく
タッチ操作も問題なくおこなえます。

しかし、レーダ探知機は風防があるので何も対策していませんでしたが、
今回の大雨に打たれたせいか、液晶表示部と表面のパネルの隙間に水分が入り、
部分的に曇ったようになってしまいました。 

でも乾燥してくると曇りは取れますけど、こちらもカバーが必要ですね。



BIMG_6708A.jpg

こんな天気なので誰もいるはずもなく、ダムカードだけもらって早々に出発。

BIMG_6709.jpg


次はかなやま湖の金山ダムへ向かいます。もちろんダムカード目当てですが。

雨の狩勝峠を越えてかなやま湖へ

BIMG_6712A.jpg

かなやま湖畔のラベンダー畑
BIMG_6711.jpg

かなやま湖のキャンプ場では 『第44回かなやま湖湖水まつり』 が行われており、雨でも車や人が一杯。

前回はここでキャンプしましたが、雨の中バイクを停めるのも嫌なので、ここはスルーします。


あとで確認すると夜には、湖面を横断する700mものナイアガラの滝花火も開催されたようです。



金山ダムへ到着

BIMG_6713.jpg

管理事務所の前にはいくつかのテントと制服を着た人がたくさんいます。
なに? なに?

湖水まつりと合わせてダム監査廊の公開も行っておりました。


カッパを着たままでも大丈夫ということでしたので、参加させてもらいます。
タイミングもバッチリで、待ち時間もなく住所などを記帳したらすぐに案内開始に。


ダムカードはかなり集めて来ましたが、ダムの内部を案内してもらうのは初めてなので少し緊張してます。


メンバーは若いカップルの二人と私の三人だけなのに、案内の職員は二人とVIP待遇で、

ここから長い階段を下って堰堤の底へ降りていきます。
BIMG_6714.jpg
職員さんに聞くとカメラの撮影はOKでしたので、たくさん撮影しています。

BIMG_6717.jpg

長い階段を下って上を見上げると、むっむっ、このダムは?
BIMG_6716.jpg
中空重力式ダム?
下から上を見上げた写真ですが、雰囲気が伝わらず解りにくいですね・・・
言葉で表現すると、四角錐のピラミッド型の空間があるような感じですかね。


全国にダムはたくさんありますが、この中空重力式ダムは国内に約13カ所ほどしかありません。
しかも、ここのダムは堰堤の大きさはそれほどでもありませんが、この方式のダムでは総貯水容量日本一です。

そして、この方式のダムは今後作られることのない貴重なダムです。

堰堤の内部が中空になっており、昔は人件費よりコンクリートの単価が高かったため、
このようなダムが作られたようです。
数としては非常に少なく、内部を見れるなんて非常にラッキーです。

詳しくはネットで検索してみると、いろいろと説明やイラストがあり解りやすいですね。


BIMG_6718.jpg

BIMG_6718A.jpg


BIMG_6720.jpg

ピットがいくつもあり、漏水した水を排水しているようでした。

BIMG_6721.jpg

堰堤の地下通路を進み、中央部よりすこし進んだところまで来ました。

BIMG_6722.jpg
このエレベータで堰堤へ上がります。



取水塔
BIMG_6724.jpg

BIMG_6725.jpg
これで案内は終了です。事前に下調べをしていればいろいろと質問できたのでしょうが、
それでも貴重な体験をさせていただきました。

お礼を言って、目当てのダムカードをもらいます。


ここを出たあとすぐに雨はいっそう激しくなって、前方の視界もままならなくなり、バス停へ避難となりました。


今夜の宿もビジホへ決定です。
苫小牧市内のビジネスがとれましたが、ここからかなり距離があります。
雨が降っていなければ問題ないのですが、この雨だと心が折れますね・・・

一時間ほど休んだでしょうか?

雨も先程までのどしゃ降りから少しだけ小降りになったので、重い腰をあげて
出発しないと到着が遅くなりそうです。



なんとか、

暗くなる前に今日のホテルに到着。
BIMG_6727A.jpg
軒先があり、雨に濡れない所に停めることが出来ました。


ここも雨のため予定を変えてホテル泊としたライダーが、この後も何人かいました。





つづく















Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。