アクセスカウンタ
プロフィール

・・・トッチャン・・・

Author:・・・トッチャン・・・
新型VTR250に乗っていましたが,
2012年3月にNC700Xに乗り換えました。

最新記事
検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レインボー認定
Category: ダムカード  
2014年12月25日(木)
『中国地方ダムマニア認定書』の交付期間が今日までです。

ということで、無理やり休暇をもらって認定書をもらいに行きます。 
ただ、この時期で天候が悪くバイクは無理と判断して、車での出撃となりました。

まずは 『土師ダム』
BIMG_4523.jpg

BIMG_4524.jpg

BIMG_4531.jpg

51枚目のダムカードを無事ゲット。
BIMG_4534.jpg
ここのダムでも、レインボーの認定を受けることが出来ますが、最後は温井ダムと決めていたので、
最終目的地を目指します。

山越えでも道路には雪はありませんでしたが、時々雨模様。
BIMG_4538.jpg

さすがに日陰には若干シャーベット状の雪が残っていました。
BIMG_4540.jpg
車で来て正解でしたね。

途中、コンビニに寄って簡単な昼飯をすませます。

そして、『温井ダム』へ到着。
BIMG_4543.jpg

BIMG_4550.jpg

堤高156mとアーチダムとしては黒部ダムに次ぐ国内2番目の大きさのダム。
2度目の訪問ですが、でかいの一言。圧倒されます。
BIMG_4545.jpg

中国整備局のダム管理係へ事前に電話して、訪問時間を伝えていた時間になりましたので、
ダム管理所へ向います。

事務所を訪ねると、年末のこの時間帯ということで、事務所は大掃除モードに入っており、皆さん忙しそうに
パタパタ(ばたばた)されていました。

そんな中、場違いな感じでレインボー(超級)コースの認定書を授与していただきました。

ダムの操作室の中へ案内されて、操作盤を見せていただきながら、簡単な説明までして
いただくという、貴重な体験もさせていただきました。 

ただ、操作盤の写真はNGということで残念ですが撮っていません。

もちろん、ダムカードも忘れずにもらってます。

BIMG_4553.jpg

BSCN_0001.jpg
認定書の連番が 温090 と ちょうど90人目でした。
多分、このダムでは私が最後になるのではないでしょうか?
CSCN_0001.jpg


事務所を出たのが3時前で、まだ時間があるので堰堤の下へ降りてみます。
BIMG_4554.jpg

1F(EL386m) ⇒ B4(EL269m) へ  (途中の階へは停まりません)
BIMG_4555.jpg
エレベータの速度は240m/minと表示されていました

B4の温度は14度と外気温tと比べるとかなり高く、夏は逆に低くなります。
BIMG_4572.jpg

エレベータを出て、この階段を下ります。
BIMG_4571.jpg

それからこの通路を進み、何度か折れ曲がって進んでやっと堰堤の下に出ることが出来ます。
BIMG_4559.jpg

BIMG_4560.jpg
水色の部分が一般の人が入れる箇所です。

下から見上げると、これまた壮観。
BIMG_4563.jpg

んっ? バケツをもって何かされてます。
BIMG_4568.jpg
水質検査? 温度測定?


BIMG_4565.jpg
春先に水量調節のための放流があるので、ぜひ見に来てみたいですね。
BIMG_4566.jpg





期間中に集めたダムカードが52枚。

期間の始めには配布箇所が54箇所でしたが、3箇所増えて57箇所になったとか。


隠岐の島も含めて今年中に、制覇しておきたいですね。

















Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。