アクセスカウンタ
プロフィール

・・・トッチャン・・・

Author:・・・トッチャン・・・
新型VTR250に乗っていましたが,
2012年3月にNC700Xに乗り換えました。

最新記事
検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ダムカード リベンジ
Category: ダムカード  
先週は天候悪化のため途中で切り上げましたが、予定していた残りの5つと
新たに近くの5つを加えて、今日こそは10箇所のダム廻りを目指します。


例によってたいした写真はありませんが、撮った写真は記録として殆どアップしています。

日付は9月13日 いい天気です。

なんだか今日は順調に行けそうな予感。
BIMG_3816.jpg

BIMG_3817.jpg

BIMG_3819.jpg

尾道北から世羅、吉舎から吉田掛合と尾道自動車道の無料区間を乗り継ぎ、
いい感じの川原で小休止。

BIMG_3820.jpg


さらに、尾原ダムへ向かう途中で少し寄り道。

湯村発電所
ここには川原の中の露天風呂があります。
BIMG_3821.jpg

この下が湯村温泉の川原の露天風呂
(増水すると温泉は流れの中に沈んでしまいます)
BIMG_3822.jpg
風呂に入っている人がいたので、残念ながら遠巻きの写真のみで、
露天風呂のアップは撮りませんでした。
というか、遠慮して撮れませんでした。

女の子なら良かったのにね、残念ながらオッサンでした。  
雰囲気もよく綺麗な所なので、今度は入浴目的で訪れてみたいですね。  

本日最初のダム、尾原ダムです。
BIMG_3823.jpg
比較的大きな重力式ダムです。

BIMG_3827.jpg

大学生か何処かのクラブのレガッタの練習でしょうか?
BIMG_3828.jpg
ネットで調べると、延長1000メートルのコースを6レーン備えた県内初の
常設ボート施設とのことらしいです。

次が三成ダム
BIMG_3829.jpg
管理事務所が見当たらないので、進入禁止の表示とブロックはあったようですが、
バイクは大丈夫だろうと入ってしまい..... 
はまってしまいました。 


バイクを止めると直ぐに、管理人と思われる方が堰堤の向こうから歩いてこられ、
怒られるのかと思ったら、何も言わないでも閉じられているゲートを開けて、
ダムカードを1枚手渡してくれました。

連絡もしていないのになんてタイミングいいんだろうと不思議に思いましたが、
内心はそれどころではありません。

BIMG_3830.jpg
どうなったかというと、上り坂の入り口を入って行き、小高い丘の上まで上がると
後はダムの天端までかなりの下り坂になっていました。
写真では道幅が広いように、また平坦に映っていますが、実際には急勾配の下り坂を
下った所で、しかもバイクを切り替えししてもUターン出来ないほどの道幅となっています。

写真の撮り方が悪く、ぜんぜん緊迫感が伝わらないのが残念ですが  

左側は壁になっており、右側はフェンスと絶体絶命のピンチ。

落ち着いてよく見ると、左側の壁が終わった前方に草むらの箇所が少しだけあり、
唯一この部分を使えばUターン出来そうです。
だが下り勾配のため、重いバイクを四苦八苦しながら前後させやっとのことで
Uターンすることが出来ましたが・・・・

指示は守るようにしないと......

実際にこのダムに行かれた方にはわかってもらえると思いますが。 

BIMG_3831.jpg
昭和29年に完成した日本最初のアーチ式ダムとのことですが、
ゲートの改良工事が昭和61年に実施されています。

BIMG_3832.jpg
何とか向きを変えて入り口まで戻り、駐車スペースで次のダムへのルートを
調べていると、バイクが1台やって来てダムの方へ入って行きました。
もちろん、バイクを止めて歩いてですよ。
やっぱり、普通はこうですよね。 すみません、反省しています。

ということは、管理人に電話したのは彼だったのだと言うことでしょう。
どうりでタイミング良く管理人さんが現われてカードが貰えたわけだ。



先日、近くに行く機会があったので再訪して写真を
撮ってきましたので、追記しておきます。

①ここが問題の入り口
BIMG_4485.jpg
バイクなら行けるだろうと入ってしまって... 
②下って
BIMG_4486.jpg
③どんどん下り坂
BIMG_4487.jpg
④ダムが見えてきました
BIMG_4488.jpg
⑤そして、アウトです
BIMG_4489.jpg




布部ダム(ふべダム)
BIMG_3833.jpg
堤体の上面が、湾曲していてアーチ式にも見えますが、重力式ダムです。

BIMG_3834.jpg

BIMG_3836.jpg

BIMG_3837.jpg

BIMG_3839.jpg


山佐ダム
BIMG_3840.jpg

BIMG_3841.jpg

BIMG_3842.jpg

BIMG_3847.jpg

BIMG_3848.jpg

BIMG_3849.jpg

菅沢ダム
BIMG_3850.jpg

アップ
半円形のガイドに支持されたパイプは何なんでしょうか?
BBIMG_3850.jpg
水位によって可動するようですが、パイプの先端にはごみの吸い込みを防止するための
ストレーナ?らしきものが見えます。

BIMG_3851.jpg

BIMG_3853.jpg

高瀬川ダム
BIMG_3855.jpg
ここの管理事務所は無人ですので、証拠写真を撮って千屋ダムでもらいます。

BIMG_3856.jpg

BIMG_3857.jpg

BIMG_3858.jpg

三室川ダム
BIMG_3859.jpg

BIMG_3860.jpg

BIMG_3861.jpg

BIMG_3862.jpg

BIMG_3863.jpg

このダムも無人ですが、こちらは河本ダムでもらうようになります。
BIMG_3864.jpg

BIMG_3865.jpg

BIMG_3866.jpg

BAIMG_3868.jpg

千屋ダム
BAIMG_3869.jpg

BIMG_3874.jpg

BIMG_3877.jpg
ここで、高瀬川ダムと千屋ダムの2枚のカードをもらいます。

BIMG_3878.jpg

BIMG_3879.jpg



小坂部川ダム
BIMG_3883.jpg
ここも無人です。
BIMG_3884.jpg
現在の時刻は4時半なので、最後の河本ダムへは5時迄にはいけるはずでした。

BIMG_3886.jpg

BIMG_3888.jpg


本日最後の河本ダム
BIMG_3893.jpg

BIMG_3895.jpg

時刻は予定をオーバーして、5時10分にどうにか到着。。
BIMG_3894.jpg
5時を少し回りましたが、何とか3枚のダムカードをもらうことが出来ました。
時間が過ぎていたのに、ありがとうございました。

BIMG_3896.jpg

BIMG_3898.jpg


遅くなった訳はこれ。
BIMG_3899.jpg
山が崩れていてナビが案内した通常のルートが通行止めです。
川の右側に道路がありダムの堰堤へと続く道を行く予定でした。

案内看板にはここは通れないので、ダム湖側から迂回するように書いてあって、
案内の通りそちらへ回ってみることに。

ダム湖側の上がり口の近くに民家があり、犬を散歩させていたおじさんに聞いてみると
この道は最近はまったく使っていないので、どうなっているかわからないと言われ、
わざわざここを通らなくてもダムへ行けるとのこと。
崩れた山のすぐ近くに仮設の橋が架けられており、そちらへ戻ったほうがいいよと。

なんと、すぐ手前に応急の仮設の橋があったなんて、あの案内看板はなんだったのか。 

BIMG_3900.jpg
この橋が鋼材で架けた仮設の橋です。 (ヒロセのレンタル鋼材を使ってありました)
BIMG_3901.jpg

なんだかんだの駆け足で、1日に何とか10提のダムを巡り、すべてダムガードを
もらうことが出来ました。 車だと難しいと思いますよ、多分。


本日の走行距離が395kmで、燃費は35.9km/L

山の中を走った割には高燃費でしたね。












テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク


Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。