アクセスカウンタ
プロフィール

・・・トッチャン・・・

Author:・・・トッチャン・・・
新型VTR250に乗っていましたが,
2012年3月にNC700Xに乗り換えました。

最新記事
検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


GW四国山の中1日目(4/30)
Category: キャンプ  
GWに2泊3日のキャンプツーリングに行ってきました。

家を出たのが6時、もう少し早く出発したかったのに仕度で手間取ってしまって。

今回の荷姿
BIMG_3025.jpg

コットはリヤシートの上に100均のバンドで固定。
BIMG_3032.jpg
そしてテントはワンポールテント、初めての実戦投入になります。
(試し張りの状況は過去記事を見てね。)

タンクバッグはデイトナの HenlyBegins NC700X/S専用タイプです。
BIMG_3028.jpg
メーカの説明ではB5版リングタイプ(マップルR)は収納出来ませんとありますが、これが入るんです。
リングは外して少し細工をする必要がありますが、この通りジャストサイズ。

リングをばらして必要なページだけを100均のリングで止めればいいだけです。
今回は中四国版なので、中国と四国の二つに分けて四国のみを入れています。

NC専用だけあって、吸盤の位置もピッタリ、そして脱落防止のストラップもバッチリです。
(詳しくは別記事で紹介します)

気になる天気ですが、30日以降はいい天気になると言っていたと思うのですが?
雨男は昨年返上してますし・・・?

しまなみに乗って四国方面に向かうと雲が多くなり、因島を過ぎた頃に、とうとう雨が降り出しました。
BIMG_3034.jpg

ナビとレーダに少し水滴がついていますが、大丈夫かな?
BIMG_3035.jpg
ただ、本降りにはなりそうにないので、カッパは着ずに、このまま行きます。
ナビもレーダも雨カバーを着けずに、このまま様子を見ます。多分大丈夫でしょう。
BIMG_3031.jpg
ご覧の通りの景色です。残念・・・

走行距離は2万kmを超えており、そろそろタイヤ交換の時期に来ているのですが、ツーリングを終えてから
交換しようと思っていましたので、スタート時点でかなりツルツルの状態になっています。
ちょっと判断を誤ってしまったようで、ここまで山が無くなってしまうとは思いませんでした。
BIMG_3022.jpg
フロントの方が磨耗がひどく写真の掲載は自粛しますが、こちらの方が心配です。
何かあると怖いので慎重に安全速度で行きます。


来島海峡大橋を渡るころには、雨も止んだようで、少し明るくなってきました。
しまなみを降りて今治から、今回の目的のひとつであるマイントピア別子・東平地区へ向かいます。


3月に嫁さんと旅行をした際にマイントピア別子を車で訪れたのですが、東平地区はまだ冬季閉鎖で
行けなかったので、リベンジとなりました。

その時の写真 (亀老山展望台より見た来島海峡大橋)
BAIMG_2467.jpg
(マイントピア別子)
BIMG_2477.jpg
ここでは鉱山観光をしてきました。

ツーリングの話に戻って、マイントピア別子に到着
BIMG_3037.jpg
ここは前回訪れているので、写真だけ撮って東平ゾーンへ向かいます。
東平と書いて『とうなる』と読みます。

ここを左に左折します。
BIMG_3038.jpg
しばらく狭い山道になり、離合のためのスペースが所々に設けられていますが、時間帯が悪いと大変そう。
約6kmほど山を登ると到着です。

東平地区へ到着
BIMG_3040.jpg
東洋のマチュピチュはこれより奥へ500m先。

眼下に見えます。
BIMG_3043.jpg

BIMG_3045.jpg

駐車場にバイクを停めますが、私が到着した時には誰もいませんでした。
BIMG_3053.jpg
秘境感がいっぱい。

旧保安本部 (現在は東平記念館のマイン工房)
BIMG_3047.jpg

BIMG_3052.jpg

銅山ということで銅板での地図
BIMG_3049.jpg

東平歴史資料館
BIMG_3050.jpg

インクライン跡
BIMG_3056.jpg

東洋のマチュピチュ
BIMG_3057.jpg

BIMG_3068.jpg

BIMG_3078.jpg

BIMG_3067.jpg

BIMG_3071.jpg

BIMG_3075.jpg

霞んでますが新居浜の町が遠くに見えます。
BIMG_3079.jpg
一時はこの辺りの狭い一帯に一万人以上の人が住んでいたらしいです。
今はその面影はまったくありません。

小マンプ
BIMG_3081.jpg
マンプとは坑道を意味する間符から転じたものとされているらしいです。

大マンプ
BIMG_3083.jpg

旧東平第三変電所
BIMG_3097.jpg

BIMG_3086.jpg
変電所の内部
BIMG_3092.jpg

BIMG_3094.jpg

BIMG_3093.jpg

第三通洞
BIMG_3089.jpg


次は今回の旅の二番目の目的地を目指します。

これは何なのでしょうかね?
BIMG_3099.jpg

富郷ダム
BIMG_3101.jpg
ダム管理事務所へ寄って、人生初のダムカードゲット 

管理事務所内へ入ると、世間的にはGWには入っていますが、
30日なのでダム職員の方は通常出勤なのか、大勢の方が
管理事務所内にいらっしゃいまして、お仕事中でした。
ダムの管理事務所って私だけかもしれませんが、無人のイメージがありますよね?

BIMG_3102.jpg

柳瀬ダム
BIMG_3106.jpg
ここで、2枚目のダムカードゲット。

BIMG_3107.jpg

新宮ダム
BIMG_3111.jpg
3枚目のダムカードゲット。

新宮ダムからは新宮へ出て大豊、そして439号線を西へと向かいます。


四国の水がめ早明浦ダムを見ながらコンビニのおにぎりで昼飯。
BAIMG_3114.jpg
4枚目のダムカードゲット

BIMG_3125.jpg

与作(酷道439号)
BIMG_3126.jpg
あの酷道として有名な与作(国道439号)も開発が急ピッチで進んでいるようで
この辺りはずっと広いいい道になっていました。

BIMG_3127.jpg

茶業試験場
BAIMG_3131.jpg
高知のお茶も比較的全国に有名のようです。

大渡ダム
BIMG_3133.jpg

BIMG_3137.jpg

BAIMG_3138.jpg
本日5枚目のダムカードゲット

本日のキャンプ地、四国カルスト
BIMG_3142.jpg

BIMG_3145.jpg

BIMG_3149.jpg

BIMG_3150.jpg

ワンポールテントを張ります。今回はコット使用ということもあり、インナーは使いません。
BIMG_3151.jpg
テントの中で火を使っても問題ありません。
それほど風が強く、テントの下から隙間風がどんどん入ってきますので、寒いこと寒いこと。

テントの上部には換気用の窓がありますので、風がなくても入口を少し開けておけば大丈夫ではないでしょうか?

晩飯はサラッと簡単にすませて、早々にシュラフにもぐりこんで眠ります。
BIMG_3152.jpg

BIMG_3157.jpg
風がテントの中に入りますので、外と中の温度がほとんど同じだなんて・・・
寒くなる時はテント下の隙間が少なくなるように張る必要があるようです。

BIMG_3158.jpg


大きな地図で見る

つづく






テーマ : キャンプツーリング    ジャンル : 車・バイク


Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。