アクセスカウンタ
プロフィール

・・・トッチャン・・・

Author:・・・トッチャン・・・
新型VTR250に乗っていましたが,
2012年3月にNC700Xに乗り換えました。

最新記事
検索フォーム
QRコード
QR
北海道1日目(後編) 宗谷~兜沼
Category: 北海道 2013  
NC700X 北海道キャンプツーリング1日目(後編)
2013年7月13日(土) 宗谷~兜沼キャンプ場



動画、準備中です。完成したら貼り付けしますので見て下さいね。
8月25日アップ完了
 



まだ昼前ですが、早く荷物を降ろしたいため、宗谷岬から兜沼キャンプ場へと向かいます。
兜沼では連泊するつもりなので、明日じっくりと宗谷丘陵の探索をしたいなと思っています。

BMAH00189宗谷01537

宗谷岬から宗谷丘陵へ上がって南へ向かい、そのまま兜沼へ向かうつもりだったのですが、
あまりにもいい道だったので道なりに進んでみます。
BMAH00190宗谷02936
いい天気です。観光地なのに車がほとんどいないというのがいいですね。

道路脇に駐車スペースがある展望台から。 (画像をクリックすると動くパノラマ写真を表示します)
BIMG_1220.jpg

BMAH0019宗谷038868

国道238に突き当たった所でUターンして戻ります。今度は本当に兜沼へ向かいます。
BMAH0019宗谷03659

兜沼キャンプ場に到着したのが12時20分
BIMG_1225_20130816020123d95.jpg
早速、受付に行くと1泊なら500円ですが、2連泊の場合800円でした。更に連泊すると
もっと割引になるようです。それから豊富温泉の割引券もいただきました。

好きなところに張ってくださいとのことでしたので、バイクで場内をぐるっと一回り。
まだ時間が早いため、連泊のテントが数張りあるだけでしたので、好みの場所が選べました。
芝生内にバイクを乗り入れても良いとのことでしたが、私が選んだ場所はあまり平面が
無かったので、道路の端に停めています。
BIMG_1227_201308160201287df.jpg

タープは今回、新調しております。なにせ雨男ですし、
長期のキャンプなので雨は必ず降るだろうと・・・
BIMG_1230.jpg
モンベル製なので少し高かったけれど、大きさは丁度いい具合。

今回の旅用にいろいろと買い込みましたが、別の機会に紹介してみたいと思います。


テントを張ってからのんびりと昼食を摂り、少し休憩をして、身軽になったNC700Xで、
割引券をもらった豊富温泉と利尻富士の夕日を見に行くことにしました。
(で、キャンプ場を出たのが3時頃)

まずは風呂から
キャンプ場から20分ぐらい南に行った所にある豊富温泉『ふれあいセンター』
BIMG_1233_20130816020137516.jpg
ここの温泉は油分が含まれる変わった温泉で、『油風呂』と呼ばれるらしい。
でももっと油っぽい感じをイメージしていたのですが?
明日も入る予定なので、センターの人に聞いてみます。

石油のかすかな匂いが...  いやな臭いではないです。むしろ私は好きな匂いのほうかな。



温泉の後は利尻の夕焼けを見るため、豊富からサロベツ原野を西へ横断。(道道444号)

途中、サロベツ湿原センターが見えたので、寄ってみる事に。
BIMG_1234.jpg

ところで、これは キタコのミニフォークガード
BIMG_1267.jpg
あれこれ買った時、送料を無料にするために、これも買ってしまいました。

サドルバッグを外すとテンション用のバンドが残るので、マジックバンドで止めています。
BCIMG_1234.jpg

湿原センターの建物 (左側にも展示館があります)
BIMG_1268_201308160210455dc.jpg
湿原の植物や動物などの自然や見所、歴史などの情報を展示してありました。無料です。

BIMG_1237_201308160210522bb.jpg

木道に沿って少し廻ってみることにしました。
BIMG_1239.jpg

BIMG_1242_201308160211041b4.jpg

BIMG_1250_201308160211104bd.jpg

BIMG_1255_20130816021629f00.jpg

かつては泥炭が採掘され資源として利用されてきたようで、
その機械類も屋外だけでなく屋内にも多く展示されていました。
BIMG_1256.jpg

泥炭 ⇒ 石油 ⇒ 豊富温泉の泉質 とつながるのでしょうか?

BIMG_1252_20130816021617464.jpg

BIMG_1254.jpg

眠い、寝不足です。走っていても睡魔が襲ってきます。
残念ながら西の空は雲が多く、夕陽は望めそうも無いので、Uターンしてキャンプ場へ帰ることに。


豊富町のセイコマートで、ビールだけを買って帰りました。
少しの食材と簡単なつまみは持参してたので。

店を出るとすぐに携帯に着信が。バイクを停め、かけ直すと仕事のことでした。
キャンプ場に着くまでに3回ほど同じように、その都度バイクを停めては電話を繰り返します。
どこでもつながってしまうのですね。意外でした。

キャンプ場に戻るとふれあいセンターで見かけた愛媛ナンバーのハーレーが。
お話しすると、北海道常連さんで毎年訪れているとのことで、いろいろ情報をいただきました。

道の駅やバス停で野宿しないほうがいいよと。場所にもよるのでしょうが、動物より人の方が
怖い場合があるからとのことでした。

お土産についても、5年もののホタテのおいしいところを教えてもらい、他の場所でもいろいろ
買ってみたが、ここが一番大きくおいしいので、毎年大量に買って親戚・知人に送られている
そうです。
ホタテの加工工場で殻から取り出す時に傷がついたB級品を集めたパックですが、味は良く値段が安いと。
ぜひ、明日寄ってみることに。お土産の第一弾決定です。 

ダム関係の仕事をされていたとかで、ダム巡りをしてダムカードを集められていました。


昨日が寝不足だったせいもあり、食事を済ませたらすぐに寝てしまいました。


1日目の走行距離 337km


明日はいよいよ宗谷丘陵の白い道を走ります。



テーマ : キャンプツーリング    ジャンル : 車・バイク


Comments

Leave a Comment