アクセスカウンタ
プロフィール

・・・トッチャン・・・

Author:・・・トッチャン・・・
新型VTR250に乗っていましたが,
2012年3月にNC700Xに乗り換えました。

最新記事
検索フォーム
QRコード
QR
キャンプ道具と積載方法
Category:  キャンプ道具  
バイクキャンプ道具
フル装備だとこれくらいの量になります。
テント ・ シュラフ ・ タープ ・ ポール ・ ストーブ ・ ガスボンベ ・ コッヘル ・
自作テーブル ・ 折りたたみイス ・ シート ・ ライト ・ ランタン ・ 着替え ・
マット ・ トンカチ ・ サンダル ・ トイレットペーパ ・ カッパ ・ 傘 ・ 地図 ・ 食料等々
これらを右上の黒いボストンバッグに詰め込みます。

結構な重さになります。(今度重量を測ってみます)
AP1020943.jpg

こんな感じで積んじゃいます。
ボストンバッグの底に板を敷いて、板とバッグをアイボルトで固定しています。
そのバッグの底面に固定した4つのアイボルトと、VTRのフックをゴムバンド(タイヤのチューブを切っただけの輪ゴム)で
固定します。(道具編で紹介)
ゴムバンドだけでの固定だと、荷物が重たいと振動でゴムが伸びるので多少バッグが揺れますが、問題ないようで
高速道路もOKでした。
ゴムバンドだけでなく、ロープも併用するようにすると完全に固定できると思います。
次回はそうしてみようと思います。詳細は道具のほうで紹介します。
ABP1020953.jpg

この写真の時には底板をバッグの中に入れているので、バッグの両端が垂れてきてかっこ悪くなります。
そこで、今は底板の大きさを少し大きくし、バッグの下側(外側)に固定するようにしたので、垂れなくなりました。
AP1020954.jpg

因島大橋をバックに 
AP1020965.jpg


Comments

Leave a Comment