アクセスカウンタ
プロフィール

・・・トッチャン・・・

Author:・・・トッチャン・・・
新型VTR250に乗っていましたが,
2012年3月にNC700Xに乗り換えました。

最新記事
検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ごめんなはり線(その2)
Category: ツーリング  
その2です。 


 9番目の駅のキャラクター  にしぶんつきこちゃん
BP1060133.jpg 

 10番目の駅のキャラクター  わじきカッパ君
BP1060137.jpg

BP1060138.jpg

BP1060142.jpg 

11番目の駅のキャラクター  あかのカモメちゃん
BP1060143.jpg 

ここまでで約半分のキャラクターをゲットしました。
BP1060144.jpg 

赤野駅を少し過ぎたところからの眺めは最高。

ここの景色はごめん・なはり線を代表するもので、度々テレビで紹介されています。
BP1060149.jpg 
気動車と一緒に写真を撮りたい場所です。
写真に写っているすぐ下の道は自転車専用道。そこから写真を撮れば良かったのにね。
BP1060150.jpg 
少し違う角度から。

BP1060156.jpg 

そして、洋風の休憩所(ここはやっぱりカップルでないと)
BP1060159.jpg 
夕日も綺麗なのかな?

12番目の駅のキャラクター  あなないナスビさん
BP1060168.jpg 
ちょっときれいにしてあげたいね。

BAP1060163.jpg 

人気の展望デッキ車両
BP1060165.jpg

BP1060166.jpg 

13番目の駅のキャラクター  球場ボール君
BP1060171.jpg 
阪神タイガースはこれまでここを1軍の春季2次キャンプ地としてきましたが、今年から
この安芸から撤退することになったようです。
1次キャンプだけでなく2次キャンプもそのまま沖縄で行うようです。
ただ、2軍の春季キャンプと秋季キャンプは従来通りここを使うらしい。

一部の熱狂的なファンに愛される阪神タイガース号
BP1060173.jpg 

14番目の駅のキャラクター  あきうたこちゃん
BAP1060174.jpg 

15番目の駅のキャラクター  いおきトラオ君
BP1060181.jpg 
ご存じ、フーテンの寅さんがモデル。 ここが映画の舞台になる予定だったとか。

この駅のキャラクターはどこ?
BP1060185.jpg 

ホームにありました。
BP1060186.jpg 

16番目の駅のキャラクター しもやまみどりちゃん
BP1060188.jpg 

自分撮りでした、はい。
BP1060189.jpg 
変なおじさんです。

17番目の駅のキャラクター とうのはまへんろ君
BAP1060194.jpg 

18番目の駅のキャラクター やすだアユ君
BP1060196.jpg 

19番目の駅のキャラクター 日野いしん君
BP1060200.jpg 

そしてラストの20番目の駅のキャラクター なはりこちゃん
BP1060203.jpg
ふう、ごくろうさまでしたと。
BP1060207.jpg 
ここが終着の奈半利駅

どのキャラクターも味があってさすが、やなせたかしさんだと感じることが出来ました。 

時刻は3時半、そしてここまで 303km。
ここまで来て室戸岬を訪れない手は無いのですが、帰りにぜひ寄りたい場所があるので、今回はここで
向きを変えて戻ります。

キャラクター巡りに時間が取れないという方はこちらへどうぞ。
BP1060076.jpg 
昼間はガラスが反射するので夜の方がいいと思います。

それから柱が邪魔、ここまでするのなら柱の無い構造にすればいいのにね。

この場所はと言うと、6番目の駅の赤岡駅に行くと見ることが出来ます。

BAP1060077.jpg 無理やりパノラマにしてみました。 細かいところは無視して雰囲気だけどうぞ。  

奈半利から海岸線を帰る途中、南からの風が強く、海は大しけでした。
ということは! バイクがやばい、錆びる。


今回のツーリングの2番目の目的であるこの駅
BP1060211.jpg
この先に線路はありません。
BP1060215.jpg 
そして反対側。
BP1060218.jpg 
線路が分かれています。そう、ここはスイッチバック専用の山深い場所にある秘境駅です。
singai eki
                                    (この図はウィキペディアより)

一日の便数も少なく、周りに民家は2軒ぐらいしかありません。
ただ、少し山を下れば集落があるようですが、でも間違いなく秘境駅の大関クラスです。
BP1060213.jpg 
特急列車はここへ入ること無くそのまま通過して行きます。

この駅が土讃線の新改駅です。
BP1060217.jpg 


次の駅がここ。
BP1060219.jpg 
JR四国の駅の中で最も高い標高347mに位置します。
過去に悲しい大災害があり、60名もの方が無くなったということです。


その繁藤駅。

BP1060221.jpg

BP1060222.jpg
安全第一でいきましょう。

そしてここ、ここが駅前?
BAP1060223.jpg
このまま前方へ歩いていくと!
BP1060224.jpg 
んっ? 鉄橋?
BP1060238.jpg
階段を上に昇ると、北川駅でした。
BP1060234.jpg
鉄橋が駅になっているという変り種です。 JRではここしかないようです。
BP1060235.jpg
上り方面はトンネルになっています。
BP1060236.jpg

BP1060229.jpg
ここも秘境駅としてランキングされています。

ここで、本日の目的も全て完了し、日も暮れてきたのであとは帰るだけだったのですが ・ ・ ・

大豊から高速に乗り少し走ると、いつもの雨男ぶりを発揮して、雨がポツポツと降り始めました。
たいしたことは無いかなと無視してそのまま進んで行くと、四国山地を越えようとする辺りから、
とうとう雪に変わってしまいました。
どんどん降る雪の量が多くなり、大雪で前が見えない状態です。 やばいです。非常にやばいです。
前が見えないのもまずいですが、雪が積もったら怖くて走れません。家に帰れません。しかも、もう
暗くなってきています。とにかく急いでここを抜けないとという思いで、 『ぬふわ』 の速度でシールドに
まとわり着いた雪を手で拭いながら、必死の形相で走りました。

四国山地を越えて平地に出るころには雪も小ぶりになってきて、少し落ち着きを取り戻しましたが、
今度は寒いです。プーチのスクリーンのおかげでかなり助かっているとは思いますが、それでも
体が濡れているので冷えます。
近くのサービスしビスエリアへ入り、カッパを着込んで再出発です。

で、今日は相変わらず風が強いです。天気予報の通りですが、雪が降るとは行っていなかったのに。

瀬戸大橋を渡る前に電光掲示板の表示が強風注意の表示と、確か風速14m?の表示も出ていたような。
ここでも必死です。軽く1車線近く横に飛ばされながら、ハンドルにしがみついての走行です。
ただ、ただ、前の車が停まらないことだけを祈ってました。
だって、停まったら多分、バイクを支えきれないと思います。それぐらいの突風が吹き荒れていましたので。


どうにか転倒する事も無く、凍え死ぬことも無く、無事家に帰り着くことが出来ましたが、大変な思いを
させてもらいました。

でもまた行きます、四国が大好きですから。

バイクは早く洗わないと大変なことになるかも。

 
本日の走行距離が526kmで燃費が27.2km/ℓ

最近燃費が良くないと思いますが、どうなんでしょう?







Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。