アクセスカウンタ
プロフィール

・・・トッチャン・・・

Author:・・・トッチャン・・・
新型VTR250に乗っていましたが,
2012年3月にNC700Xに乗り換えました。

最新記事
検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


北海道キャンプツーリング 北海道 5日目
Category: 北海道 2017  

2017年7月13日(木) 北海道5日目

連泊を続けた、このキャンプ場を立つ時がやってきました。

常連のおじさんたちに挨拶をしてから、管理事務所にゴミを出して出発です。


南へ向かおうと思いますが、今日からはしばらくは全道どこも天気がいいようです。
しかし、長く持たず週末はまた崩れるようですが ( ;∀;)

BIM7_0662.jpg



名寄まで南下してから下川方面へ向かい、岩尾内湖を目指します。


BIM7_0666.jpg

BIM7_0668.jpg




岩尾内ダム
BMA30000145.jpg

BIM7_0669.jpg

ここのダムカードは、前回の時にもらっていますが、せっかくここを通るのだからと事務所によってもらいます。

BIM7_0671.jpg



愛別ダム
BIM7_0682.jpg

このダムは新しくダムカードの配布が始まったところですので、前回は通過していたところです。


BIM7_0673.jpg

ダムの管理事務所の日陰でうたた寝をするキタキツネ 

BIM7_0678.jpg
近づいても逃げないので、かなり人馴れしているようですね。

BIM7_0681.jpg

BIM7_0683.jpg


愛別町から上川町を通り、国道39号線で層雲峡へ


銀河の滝・・・・手抜きでアクションカムだけでしか撮っていません 
BMA300001471.jpg 
全然迫力が感じられませんね、反省しています。(^_^;)

流星の滝・・・こちらも (^_^;) (^_^;)
BMA300001472.jpg 

走行動画からの切り出しだと、いい雰囲気が出るのにね・・・

BMA300001491.jpg 


大雪ダム
BIM7_0684.jpg

ここのダムへ寄るのも2回目ですが、しっかり2枚目のカードも、もらっちゃいました。

BIM7_0685.jpg


昨年の台風で発生した災害なのでしょうか?

BMA300001492.jpg 
(上流側)

下流側を振り返って見ていますが、  (大雪山が見えています)
BMA300001493.jpg 
この橋は仮設のようです。  多分、流されたんでしょうね。  



BMA30000150.jpg


長いトンネルを抜けると、お馴染みの三国峠
BMA300001501.jpg

BIM7_0687.jpg
かすんでますが・・・( ´△`)

BIM7_0689.jpg

BMA300001511.jpg 

BMA300001512.jpg 


BMA300001513.jpg 


BMA30000152.jpg 



続いてタウシュベツ展望所へ



北海道に渡る前にニュースで流れていたのですが、アーチのつながった姿を見られるのは
今シーズン限りかもしれないと・・・

この冬の凍結と融解でいちだんと崩落が進んだと言っており、
とても気になっていたので、必ず訪れるつもりでいました。


国道脇の駐車スペースにバイクを停めて、森の中に入り、
旧線路跡を横切って進みます。
BIM7_0693.jpg

さらに、少し進むと、
BIM7_0694.jpg

ようやく見えてきますが、


なにっ、なにっ? !!!   丸見えですよ (@_@) 

水がない \(^o^)/

BIM7_0695.jpg

例年この時期は、ほぼ水に浸かっているはずなのですが???



BIM7_0698.jpg
きれいに見えていますね。そして、アーチがまだつながっているのが確認できました。


ズームで寄ってみると、ここが崩落の恐れがある危ない箇所かな???

BIM7_0703.jpg


一緒に見ていたおじさんといろいろお話をしていると、

突然、左側の方をを見てみと、



ありゃりゃ ????????

BIM7_0707.jpg

これは、間違いなくバイクですよね???   1・2・3・4台も

バイクで行けるんだ!!!




こんないいチャンスはないと、糠平湖の上流の林道入口に行ってみることに。

BMA300001531.jpg 

BMA300001532.jpg 


あらら、ゲートがしまっている。おまけに鍵もしっかり掛けられているよ。

BMA300001533.jpg 



しばらく見ていると、後ろからバイクの音が。。。

トレーサ乗りの人でした。

BMA300001534.jpg 

話を聞くと、森林管理所で、ゲートの鍵を借りてきてこれから入ると言う。
誰でも貸してもらえますよと、

今から、街まで降りて、鍵を借りてきてもまだまだ大丈夫な時間だ。

ならば、自分もということで、大急ぎで国道を下ります。

街ということは糠平の街?、はっきり聞かなかった自分が悪いのですが、

糠平まで降りてきても、どこに営林署があるのかわからない。郵便局があったので、
そこで聞いてみるも、昔、いや少し前までお姉さんだった人たちはわからないと言う。
隣のひがし大雪自然館で聞いてみたらということで、そちらへ。

係りの人が詳しく教えてくれましたが、十勝西部森林管理署東大雪支所はなんと、上士幌の街中にあるという。

ここから30分かかるかな?


行くしかないか・・・

でも、念のために電話で確認してから行った方がいいよと。

電話をしてみると、鍵は全て貸し出されており、いつ戻ってくるかわからないという。
しかも、予約はできないので管理所に来てもらって順番待ちをして下さいと・・・

えっ、順番待ち?
 はい、今2人ほど待たれていますよ
あの~ 予約は???
 予約はできないことになっていますので、来てもらわないと・・・
・・・・・・こっ、これから行きますので、よろしくお願いします。
 でも鍵が確実に帰ってくるとは、お約束できませんよ。5時で閉めますので。
わかりました。でも、可能性があるなら行きますよ。
 お待ちしています。気を付けていらして下さい。


のような、会話だったと思います。



それから先程寄った、大雪自然館で糠平ダムのダムカードもしっかりと、もらっています。
ここも新しく配布されるようになったところです。


糠平ダム
BIM7_0708.jpg




東大雪支所に到着。
下の写真を見ると、かなり街外れにあるように見えますが、しっかり街中にあります。

中に入って、順番待ちの紙をもらうと、一人増えて私の前に3人が順番待ちされているようです。



鍵の返却は翌日でもいいとのことで、いつ戻ってくるかわからないらしい・・・

しかも、閉所後でもポストに返却できるとのことですし・・・

BIM7_0709.jpg
左の赤いバイクは、ちょうど鍵を返却しに帰ってきたところです。
先程、ゲートの所で会った人でした。 

まだまだ待ち時間がありそうなので、バイクを置いたまま歩いてコンビニへ、
おにぎりを買って来て、遅めの昼食にしましたが、食べ終わってもしばらく待っていました。

2時間ほど待って、ようやく私の順番がやってきました。
私の後ろにも数人が待っていますが、今日中に鍵が戻ってくる保証はありませんよ。

事務所の中に入って、注意事項やら自己責任ですよといろいろと説明を受けて、鍵を返却する
予定時間を伝えると、はれて通行証と鍵を渡されます。

今日中に行けるかどうかわからないので、明日の午前中の返却予定としました。








この時点で3時過ぎ、ここからだと1時間近くかかると思うけど、これから向かってもまだまだ大丈夫かな?
というか、自己責任なので夜中でもOKかな?

重い荷物が気になるので、キャンプ予定地の航空公園に寄りましたが、時間がないので設営せずに
あらかたの荷物だけを降ろすことにしました。




あせる気持ちいっぱいのなかで、ふたたびゲート前に到着しました。
時間は4時半過ぎ
BMA300001551.jpg


BIM7_0732.jpg 

通行証をスクリーンの内側に挟み込んで洗濯ばさみで固定

BMA300001552.jpg 

一応、表示するよう指示されたものでこのようにしてみました。

BMA300001553.jpg 


ガッチャッンと南京錠を外して、ゲートを開きます。
わくわく、どきどきです
BMA0500046801.jpg 

BMA0500046802.jpg 

BMA0500046803.jpg


バイクを入れたら、他の人が間違って入らないようにゲートを閉めます。
BMA300001554.jpg

さあ、ここからは自己責任の世界です o(^o^)o


暗い・・・ (>_<)   ひぐまの活動時間?
BMA300001555.jpg 


BMA300001556.jpg 

BMA0500046804.jpg 




若干、荒れたところもありましたがほとんどフラットで走りやすい道です。


BMA300001557.jpg


BMA050004681.jpg 

BMA300001559.jpg


駐車スペースがありましたので、この辺りからダム湖に出られると思うのですが?
BMA300001558.jpg 
案内の看板はないようです。

林道が続いているので、とりあえず行けるところまで行ってみます。
BMA3000015510.jpg 


ここで行き止まりのようですね。
BMA3000015511.jpg



林道を少し戻って、先程の駐車スペースにバイクを停めます。
この時間なので、対向車には会いませんでした。

ここからも降りれそうですが、水があったら無理です。
BMA3000015619.jpg

ありました。ここで間違いないようです。

BMA3000015630.jpg 

オフロードバイクのタイヤの跡がしっかり残っています。
BMA3000015620.jpg 

う~ん、ここはオフロードバイクでないと無理ですね。 
BMA3000015621.jpg 
単独だとスタックしたら大変・・・





私は恐いのでバイクではなく、ヘルメットを被ったままの行進です (^ω^)

BMA3000015622.jpg 


線路跡の林の中を抜けると、水のないダム湖が広がります。

BMA3000015623.jpg 


BIM7_0717.jpg
切り株がしっかり残っているのですね。いつ切られたものでしょうか?




絶景!!!
BIM7_0723.jpg

BIM7_0727.jpg

BIM7_0710.jpg

BIM7_0711.jpg

ここが一番傷みのひどいところかな?
BIM7_0721.jpg

ここも、
BIM7_0722.jpg

BIM7_0712.jpg

BIM7_0725.jpg

BIM7_0720.jpg


それでは、キャンプ地に戻ります。


BMA3000015702.jpg 

おっと、こんな時間にこれから行くのか?
BMA3000015703.jpg 
しかも、若い女の人一人!!!


ゲートの所まで帰ってきました。
BMA3000015704.jpg

BIM7_0731.jpg

BIM7_0733.jpg

出るときもしっかり鍵をかけてと。
BMA300001581.jpg 



BMA300001582.jpg

BIM7_0752.jpg


BIM7_0743.jpg


林道ですれ違った、車が気になるので展望所から見てみることに。

BIM7_0735.jpg

いた、いた、若い女性が、
BIM7_0738.jpg

一人きりですよ。 でも、装備は完璧!!!
BIM7_0739.jpg

こんな時間に大丈夫なのでしょうかね?
BIM7_0740.jpg


それでは、キャンプ場に戻りますか。
BIM7_0749.jpg





キャンプ場についてから、ささっとテントを設営して、食事をすませます。


明日も、朝一番でタウシュベツに行く予定。
朝日が射し込むタウシュベツもいいとか。



つづく
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。