アクセスカウンタ
プロフィール

・・・トッチャン・・・

Author:・・・トッチャン・・・
新型VTR250に乗っていましたが,
2012年3月にNC700Xに乗り換えました。

最新記事
検索フォーム
QRコード
QR
北海道キャンプツー 2015年7月27日 10日目
Category: 北海道 2015  
7月27日(月)10日目  苫小牧~幌別ダム~支笏湖~漁川ダム~豊平峡ダム~・・・~小樽~フェリー乗船



6時前に起床し、朝一番でバイキングの朝食をすませます。


いよいよ北海道も最終日となりました。天候には恵まれませんでしたが、今日だけは雨は大丈夫。
カッパはしまっておきますよ、使いたくないですからね。 

さて、今日は主にダム巡りをしながら小樽を目指す予定。

BIMG_6730.jpg

ここもホテルの庇の下にバイクを停めさせてもらえました。北海道ならでわ?ありがたいことです。


みなさんはまだまだゆっくりされているようですが、7時前には出発。


苫小牧から国道36号線を登別方面へ向かいますが、ハイペースな車の流れに乗って順調に進みます。

山越えに備えて登別で早めに燃料を補給しておきます。(給油量は8.5リットル程でした)


登別と室蘭の間にあり、比較的海に近い場所にある 幌別ダム へ到着
BIMG_6736.jpg

このダムは2015年3月よりダムカードの配布が始まったばかりで、工業用水専用で
アースダムとしてはダムカードの配布は全国的に珍しいとのことです。

BIMG_6735.jpg
提高は22.5mですので通常のダムのイメージとは異なり、大きなため池のような?
(関係者の方にはすみません、思ったままを書いてます・・・)

しかし、ダムの基準である15mは満足していますので、正式なダムには違いありません。



8時には管理事務所に到着しましたが職員の方はまだのようなので、仕方なく駐車場で待つことに。

8時半頃にようやく職員の方の車がやってきましたので、無事ダムカードをもらうことが出来ました。



登別温泉を通過しオロフレ峠に上がるが、ガスってて遠くの景色はいまいち。

そのまま北上して国道453号へ出て支笏湖方面へ

453号線に沿って流れる長流川。『おさるがわ』と読むそうですが難読ですね。
北湯沢温泉があり川沿いに足湯ができる場所もあったようですが、気が付かずスルーしてしまいました。
また、川底は『白絹の床』と呼ばれて観光名所だったらしいですと、また今度訪れたいですね。



支笏湖
BIMG_6737 P

BIMG_6738.jpg


えにわ湖へ

BIMG_6741.jpg

漁川ダム  ここもロックフィルダムですね。
BIMG_6742.jpg
そして、ダムカードをゲット。


次は豊平峡ダムへ

453号を北上し、札幌市内へ入る手前で230号に乗り、西へ向かいます。

駐車場へ到着
BIMG_6745.jpg

ここより先は進入禁止となってますね?


ダムへ行くにはバスに乗る必要があるようです。
BIMG_6746.jpg

ここは車やバイクの一般車両だけでなく、自転車も乗り入れできないようになっています。
環境保全のためですね。

時刻は12時半少し前で、次のバスまで20分近くあります。
切符を販売している方に聞くと、歩いても30分もあれば着くよとのことでしたので、歩くことに...


トンネル内には信号があり、一方通行のようです。
BIMG_6747.jpg
歩行者用には安全のため、ガードが設けられていますので安心ですが、

実際、歩くと少し狭いのが気になりました。



バスが下ってきました、たぶん 49分発になるバスですね。

BIMG_6748.jpg


ようやく出口が見えてきました。
BIMG_6749.jpg

あらら、一つ目のトンネルを抜けましたが、次のトンネルが見えてますね。
BIMG_6750.jpg

BIMG_6751.jpg

九段の滝
BIMG_6752.jpg
歩かないとこの滝は見ることができませんので、得した気分?・・・

二つ目のトンネルを抜けるとようやくダム湖(定山湖)へ到着。
速足で20分ぐらいでしょうか?バスを待つよりは早かったみたいです。


BIMG_6755.jpg

BIMG_6758.jpg

環境保全のため、バスはハイブリッドの電気バスでした。
BIMG_6759.jpg


高さ102.5mのアーチ式コンクリートダム
豊平峡ダム
BIMG_6761.jpg
月曜日でしたが運よく観光放流中でした。


管理事務所でカードをもらってからダム見学へ。

BIMG_6768.jpg
副ダムもアーチ型となっています。


BIMG_6771.jpg
このあたりは紅葉の名所とか
BIMG_6775.jpg

BIMG_6778.jpg
堰堤の奥は進入禁止。



一通り見て廻ったので、駐車場に戻りますが、やはり帰りもテクシーで・・・


作業用の車はエンジン車でも入場できるようです。
BIMG_6780.jpg

帰りは歩きでも下りなので楽なような? 



続いて 定山渓ダム
BIMG_6784.jpg

河川名から『小樽内ダム』とされていたが、小樽市内にはないので間違えられないように
『定山渓ダム』と改名された珍しいダムとのこと。


ダム湖の名前は『さっぽろ湖』

BIMG_6785.jpg



最後に  朝里ダム 
BIMG_6787.jpg

非公式ではありますがダムカード発行していましたので、無事カードをもらうことができました。
BIMG_6788.jpg

ダムの堰堤のすぐ下に朝里大橋のループ橋が見えます。
BIMG_6789.jpg




毛無山の展望台から小樽方面の眺め
BIMG_6791 P


BIMG_6794.jpg

BIMG_6795.jpg



無事、トラブルも事故もなくフェリー乗り場に戻ってくることが出来ました。


BIMG_6802.jpg

出向時間まではまだまだあるので、バイクを置いて運河の方に行ってみます。


この 『はまなす』 に乗船して帰る予定です。
BIMG_6803.jpg


特に何もすることもなく、運河の近辺をふらふらと歩き回ってました。
BIMG_6805.jpg


BIMG_6808.jpg

BIMG_6806.jpg

結局、運河では何も買わず、カレーを食っただけと・・・


帰りにセイコマで買い出ししたら、乗船です。

10日間の旅も終わりを向かえ、なんとも言えない寂しい気持ちになって、まだまだ旅を続けたい思いがいっぱいです。

特に今回は雨ばっかりで、旅人泣かせでした。

でも、いつかは雨も楽しめるような旅人になってみたいと、強がりを言っておきます。


BIMG_6818.jpg

BIMG_6814.jpg

BIMG_6810.jpg



無事、予定通り自宅にも帰ることができました。

また来年も行けるといいな。


記事のアップが長期に渡ってしまい、つたないブログですが楽しみにしてくださっていた方々には
長々とお待たせしまして申し訳ありませんでした。

動画の編集はこれからと、まだまだやることがいっぱいありますがいつになることやら