アクセスカウンタ
プロフィール

・・・トッチャン・・・

Author:・・・トッチャン・・・
新型VTR250に乗っていましたが,
2012年3月にNC700Xに乗り換えました。

最新記事
検索フォーム
QRコード
QR
隠岐の島(島前) 2日目
Category: キャンプ  
隠岐の島2日目 (2015年5月1日)


朝早くからなにやら大きなエンジン音が聞こえるなって思って、テントの外へ出てみると
黒い影がどんどんこっちへ近づいて来るではありませんか。
この場所とはミスマッチ的なほど大きな船。
タグボートに併船され、水先人により、案内されているようです。

真っ直ぐでなく少しジグザグに進んで来て、横を向いたと思ったら、
ガラガラと大きな音。    アンカーが海中へ落とされました。
豪華客船のように見えます。しかも外航船?

こんな所へ、なぜ?

(ちなみに、一般的には 『水先案内人』 と呼ぶことが多いですが、正式名称は 『水先人』 だそうです)

BIMG_5094.jpg
(写真は出発する前のものです)

ヨットハーバーではテントが建てられて、大きな音量で歌が流れ出しました。隠岐の民謡でしょうか?
BIMG_5092.jpg

家に帰ったあとで、ネットで調べると
BIMG_5091.jpg

贅の限りを尽くした極上のブティック船 「ル・オーストラル号」 で航く、
隠岐・対馬・釜山・別府 ゴールデンウィークチャータークルーズ6日間
  とな・・・

うっ、うらやましい・・・      いつかは自分も...

ちなみに 旅行代金は なんと 6日間で 328,000円~1,656,000円    無理か...

前日、舞鶴港を出航し隠岐への入港が6時で出航が12時半と、滞在時間は6時間ちょっと。
なんか、微妙ですね。

キャンプ料金を徴収に来たおばあさんの話によると、西郷港は水深が浅く狭いので大型の船は
入れないとのこと。また、フェリーも出入りするし、停泊するスペースも無いみたい。

ごみは、おばあさんが処分してくれるとのことで、助かりました。


キャンプ場を出て西郷港へ10分足らずで到着。
BIMG_5098.jpg
昨日、入港して夜を明かしていた 『しらしま』 に乗船します。
BIMG_5096.jpg
島後、島前間の足はこのフェリーか高速船しかありません。

BIMG_5101.jpg

出航時間は8:30
出航までまだ1時間以上ありますので、人影の少ないターミナルの中や港をゆっくりと散策。
BIMG_5102.jpg

BIMG_5100.jpg

BIMG_5104.jpg

旅客運賃:¥1,.470  バイク:¥2,.530 で合計がちょうど ¥4,.000   


8時になって、乗船が始まりましたが、ガラガラですね。
BIMG_5111.jpg

BIMG_5108.jpg

島後を後にします。今度はいつこれるかな?
BIMG_5121.jpg
壇鏡の滝へはぜひまた、訪れてみたいですね。
それから銚子ダムへも。ダムカードは1人1枚しかもらえませんからね・・・

レインボージェットと 先ほどの 「ル・オーストラル号」 
BIMG_5135.jpg

BIMG_5145.jpg



BIMG_5152.jpg

三郎岩
BIMG_5147.jpg

別府港(西ノ島)へ到着ですが、下船は次の来居港(知夫里島)です。
BIMG_5150.jpg

BIMG_5156.jpg

BIMG_5158.jpg

BIMG_5159.jpg

BIMG_5161.jpg

島前間を行き来するフェリー『どうぜん』
BIMG_5162.jpg

BIMG_5164.jpg

来居港へ到着
BIMG_5166.jpg

10時50分着で15時57分発までの約5時間が、知夫里島での滞在時間になります。

BIMG_5171.jpg

始めに向うのが赤壁
BIMG_5176.jpg

車が数台停めれる小さなスペースがあるだけ。
BAIMG_5202.jpg
誰もいないようです。

BIMG_5178.jpg

牛、馬よけ
BIMG_5179.jpg


少しだけ、歩く必要がありそうです。
BIMG_5180.jpg

振り返ってみると、
BIMG_5186.jpg

赤壁(せきへき)が見えてきました。
BIMG_5185.jpg

絶壁の大きさにビックリ。
BIMG_5189.jpg

柵も何もありません。必要なのは自制心のみ...
BIMG_5188.jpg

画像をクリックすると動くパノラマを別ウインドウで表示します。
BPIMG_5194.jpg

道の上の牛にもビックリ! 
BIMG_5204.jpg

かなりリラックスされているようで・・・
BIMG_5205.jpg
ほとんど車が通らないからねえ。でも、バイクで通るのは大丈夫なのかしら...

思い切って、牛の間を慎重に抜けました。

こちらをじっと見ているものの、その場を動かずにいるだけでした。 一安心


赤ハゲ山に到着
BIMG_5209.jpg

BIMG_5215.jpg
動画の編集はあとで・・・

BIMG_5217.jpg

ハマダイコンの丘から見える海と島 (そのままでした)
BIMG_5218.jpg

画像をクリックすると動くパノラマを別ウインドウで表示します。
BPIMG_5255.jpg


のどかでいいですね、癒されます。
BIMG_5251.jpg

馬も
BIMG_5235.jpg

子牛も
BIMG_5233.jpg

全てが、
BIMG_5241.jpg

癒し、
BIMG_5237.jpg

癒しなのです。
BIMG_5245.jpg

さて、島の北西まで来ました。
BIMG_5253.jpg
向こう側に見えるのは明日巡る予定の西ノ島

BIMG_5254.jpg

それにしても、べたなぎですね。
BIMG_5259.jpg

次は姫宮神社
BIMG_5267.jpg
かなり狭いところにあるようですね。

BIMG_5262.jpg

今度、ダムカードだけでなく御朱印も集めようかな?

BIMG_5265.jpg

BIMG_5266.jpg

河井の湧水
BIMG_5269.jpg

BIMG_5272.jpg


BIMG_5282.jpg
お気付きの方もいらっしゃると思いますが、道の上には容赦なく地雷がいっぱい撒かれています!!



こちらは、できたて   
BIMG_5285.jpg

こんなのを気にしていたら、島前は走れません。目をつむって前進あるのみです。

そう、一回、踏んでしまったらもう怖くはありません。何でも経験すれば慣れるものです。

いやいや、泣いてあきらめるしかないのですよ。 

BIMG_5284.jpg

島の南東にある知夫里島灯台
BIMG_5276.jpg

BIMG_5281.jpg


BIMG_5290.jpg
波もなく流れがないので、赤潮が漂って浮いてます。

一宮神社
BIMG_5291.jpg

港に戻って来ました。
待合室には自由に見れる本が置いてあります。
なんかいいですよね、島の温かみが感じられます。
BIMG_5294.jpg

5時間なんて、あっという間です。もっとゆっくりしていきたいのですが...

15:57(来居) ⇒ (別府) ⇒ 16:49(菱浦)

本日のキャンプ場は事前の調べによると、最高のロケーションに恵まれ管理も行き届いて、
しかも無料というキャンプ場。
待ち時間の間に海士町観光協会へ電話してキャンプの予約をしておきます。
本日は4組の連絡があったとのことでした。

BIMG_5296.jpg

BIMG_5297.jpg

こちらも、ガラガラでしたね。
BIMG_5300.jpg

運賃 300円  バイク 300円  で  島前内であれば同一料金となってます。
BIMG_5301.jpg


BIMG_5303.jpg

七類へ向う 『おき』
BIMG_5314.jpg

ジャンプ台?
BIMG_5315.jpg

BIMG_5318.jpg

別府港に着きました。下船は次の菱浦港、中ノ島(海士町)になります。
BIMG_5322.jpg

明屋海岸キャンプ場へ到着。ただ、港からここへの道がややこしい。
ナビが無いと少し大変かも?

いやあ、事前の情報通り最高のロケーションですね。
BIMG_5334.jpg
すでにテントが3張

BAIMG_5337.jpg
荷物の積み降ろしのときは乗り入れ可とのことでしたので、この後駐車場へ移動しました。

BIMG_5341.jpg

レトルトな食事でございます。
BIMG_5347.jpg

二日目も穏やかな夕暮れで、静かに暮れていきました。



動画もあるのですが、まだまだ編集まで行きつけません...