アクセスカウンタ
プロフィール

・・・トッチャン・・・

Author:・・・トッチャン・・・
新型VTR250に乗っていましたが,
2012年3月にNC700Xに乗り換えました。

最新記事
検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


北海道2日目 兜沼~エサヌカ~宗谷丘陵
Category: 北海道 2013  
NC700X 北海道キャンプツーリング2日目
2013年7月14日(日) 兜沼キャンプ場~エサヌカ~宗谷丘陵~兜沼



動画、準備中です。完成したら貼り付けしますので見て下さいね。 
アップ完了しました〔9月4日)

前編アップ(2013年9月2日)


後編アップ(2013年9月4日)



夜は寒くも暑くもなく、ぐっすりと眠れました。
4時に起床、朝の検温タイムです。気温は21度程度で快適。
BIMG_1271_2013081816280179e.jpg
お湯を沸かしコーヒーでなく、ミルクティーを入れ昨日までの出来事をまとめた。
旅が長いのでこまめにメモしておかないと、出来事がごっちゃになったり忘れてしまって
ブログが書けなくなるもんで。
(旅から帰って1ヶ月以上経つのにブログはまだ2日目です   )

BIMG_1272.jpg
風が強く木立の木が大きく揺れてザーザーと大きな音を立てていますが、テントサイトは
完全に別世界。僅かに風を感じるだけで林の中のサイトで大正解でした。


今日の予定は 道道84号~クッチャロ湖~エサヌカ線~宗谷丘陵の予定です。
予報ではまあまあみたいだけど、今日の天気はどうなのかな?

牧草ロール
BIMG_1276.jpg
ロールを台車に乗せている作業中でした。北海道らしい風景ですね。

道道84号を東に向かって行くと、トナカイ観光牧場の看板があったので寄ってみることに。
BIMG_1277.jpg
ここも無料でした。
開館すぐで朝早かったのですが、中国系の観光客がバスでやって来てました。
レンタカーでも家族連れが。
他の人のブログにもあるように、確かに今の北海道の観光客は中国系の人たちが多いようで。

特になにがあるわけでもないので、トナカイの写真だけ撮って早々に次へ向かいます。
BIMG_1280.jpg

車がほとんど通らないのに路面が非常に綺麗です。
BIMG_1286A.jpg
交通量のない山間部の道なのに路面上に落ち葉や砂も無く、走りやすい。中国地方や四国では考えられません。

ツーリングマップルに載っていたクローバの丘
BIMG_1297_201308181639105d5.jpg
クッチャロ湖を望みます。
観光地化していない穴場とありますが、その通りのようで、ここで遅めの朝食を摂った30分近くの間には
誰も来ませんでした。

いきなりですが、昼食
ライダースハウスのある、やませのホタテ丼。
BIMG_1305.jpg
上陸後、初めて北海道らしい食事です、うまかった。 

地図を確認すると、エサヌカ線を通り過ぎてしまっていたようで、Uターンしてエサヌカ線へ向かいます。

エサヌカ線  雲が多く青空が見えないのが残念。
BIMG_1309.jpg

時おりバイクや観光の乗用車がたまに通るだけで、静かです。
BIMG_1313.jpg

牧草ロールで遊んでみました。
BIMG_1327.jpg

BIMG_1328.jpg

BIMG_1335_20130818164525a84.jpg

トラクターの後ろに引かれているのは牧草ロールを作るユニットかな?
BIMG_1334_20130818164520207.jpg

国道238号を北上し、道の駅『猿払公園』で休憩します。
道路には車が少ないのにここは車でいっぱい。みんな寄ったとしても、この混みようは少し不思議なような。

猿払漁協の出店で殻付ホタテを売っていましたので、昨日教えてもらった場所とは違いますが、
生とういことで買ってみました。
クール宅急便の送料が1500円も、ホタテの値段とほとんど変わりません。

道の駅を出て少し北上すると、教えてもらったホタテの加工工場がありました。
ここでは冷凍のB級品のホタテを購入。やはり送料の占めるウエイトが高い。

さらに北上、
日本最北端の給油所で給油して、貝殻のキーホルダーをもらいました。
それから宗谷岬へも再度寄ってみましたが、今日は日曜日で、観光客がいっぱいなので、すぐにパス。

今日一番の目的の白いホタテの道へ向かいます。

郵便局まではわかったのですが、その先の道を間違えて真っ直ぐ進むと道が狭くなり、
荒れた感じに。これは違うのではと思い、何とかUターンして確認すると、
Y字のところを左に上がるのが正解でした。

動画で紹介しますので、お楽しみに。

バイクはぜんぜんいなくて、車2台と遭遇。何とかすれ違うことが出来ましたが、
出合う場所が悪いとすれ違いが大変かも。


白いホタテの道 
B宗谷丘陵02MAH00253
昨日ならもっと青空が広がっていたのにね、残念。


ここに動画アップ予定です


タイヤが真っ白に
BIMG_1344_20130818164511053.jpg

『くま〇〇』 の後姿
BIMG_1348_20130818165647584.jpg

BIMG_1347A.jpg

BIMG_1350A.jpg
明治初期の山火事によって樹木が無くなり、草原の状態が続いているようなのですが、そのため
氷河期に形成された地形が観察出来るという、貴重な地域となっているとのことです。

BIMG_1353A.jpg
57基の風車が乱立する姿は丘陵の緑の起伏と絡まって、絶景となっています。

BIMG_1354A.jpg

BIMG_1356.jpg
写真に写っている風車へ続く道は進入禁止となっています。

BIMG_1360A.jpg

BIMG_1363.jpg
フットパスコースになっていますが、やはり、『くま〇〇』でなく本当にくまがいるのですね。

BIMG_1366A.jpg

白い道を過ぎて更に東に進んでいくと、このこのダートにダートに出ます。
BMAH00261487.jpg
アップダウンがあり、しかも砂利の深いところが多く、オフ車でないと厳しいかも?
下りのふかふかのところではハンドルを取られヒヤ汗ものです。
転倒でもしたら一人では起こせないのではと不安になります。
また、登りの途中で対向車が来たらアウトでしょう。多分、一度止まると再スタート出来ないかも?

BIMG_1368.jpg

ん、タイヤが変。
BIMG_1373.jpg

リヤも変。
BIMG_1372.jpg
平らになっています。  
手で触ると完全に平たくなってしまっています。家を出るときにはなっていなかったので、
高速か、北海道の道か? 


今晩も、豊富温泉
BIMG_1375.jpg

BIMG_1377.jpg

湯治用の方に入ってみましたが、昨日入った湯と変わらないように思えます。
というのも、こちらは湯治用の湯ということで、長湯できるように少し温度を低めにしてあるだけだそうです。
BMAH00281519.jpg
(入っている方にことわって、撮影許可は得ました)

ほんの僅か油分が多いかなと言う程度です。


センターの方に聞いてみた所、アトピーとか、皮膚の弱い人には 油分のドロドロが合わないので、
現在は朝一番のお湯にバケツ一杯の油分を入れているが、掛け流しなのでしばらくすると上に浮いた
油分は流れ出てしまうそうです。
朝一番のお湯に入るか、写真の中央に写っている茶色のボトルの油を体に塗って下さいということでした。

う~、残念。早く聞いとけばよかった。

今度は朝一番にぜひ、入ってみたいところですね。


この後はセイコマートへ寄って、買出し。

食事をしたら、すぐに眠たくなって朝までぐっすりでした。


2日目の走行距離 390km 




スポンサーサイト

テーマ : キャンプツーリング    ジャンル : 車・バイク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。