アクセスカウンタ
プロフィール

・・・トッチャン・・・

Author:・・・トッチャン・・・
新型VTR250に乗っていましたが,
2012年3月にNC700Xに乗り換えました。

最新記事
検索フォーム
QRコード
QR
新テント到着
Category:  キャンプ道具  
新しいテントが届きました。

ドッペルの ライダーズバイクインテント T2-466
 

ライダーが待ち望んでいた? 前室付きの ワンタッチテントですね。


さっそくレビューしてみます。

で、設営してみました。 
B000002429.jpg

これいいです。

BIMG_7642.jpg

前室がついていてキャノピーにもなります。もちろんポールも付属しています。

BIMG_7641.jpg

左側は従来の ライダーズワンタッチテント T2-275

BIMG_7640.jpg

比較のために知り合いから借りてきたものです。
(こちらはペグ打ちしていませんので、きれいには広げていません)
BIMG_7665.jpg

BIMG_7664.jpg

BIMG_7645.jpg

同じワンタッチテントテントでもこちらは、フレームが4本でかつサイズがコンパクトなので、
設営と収納がちょう簡単です。

しかも収納サイズもT2-275は非常にコンパクトで軽いです。

      左側が T2-275     右側が T2-466
BIMG_7637.jpg

収納サイズについては、スペック上の差は僅かなんですが、比べるとどうしても大きさの違いを感じてしまいます。

重量の差が大きいので、余計そんな感じになるような気がします。でもまあ、設営した時の
大きさと使い勝手を考えれば、十分許容範囲でしょう。
BsizeT2275.jpgBsizeT466.jpg

ワンタッチのかなめ部分。

BIMG_7644.jpg

BIMG_7685.jpg

BIMG_7647.jpg

BIMG_7648.jpg


BIMG_7683.jpg

BIMG_7643.jpg



BIMG_7677.jpg

十分な前室の広さです。
BIMG_7661.jpg

実際のサイズを計測してみました。
青字が実測値ですが、測定誤差もあると思いますが、購入を検討される方の
参考になればということで記載しています。
(ただし、計測ミスも考えられますので、あくまでも参考としてください)

BBsT466 ize


インナーの中は若干狭いかも? エアーマットやインフレータブルなら全く問題ないでしょうが、
コットの持ち込みは少し厳しいと思います。
BIMG_7655.jpg

BIMG_7651.jpg

BIMG_7656.jpg

で、これ。
BIMG_7690.jpg
インナーを外してます。私はコットを持ち込んで、この使い方をすると思います。

BIMG_7694.jpg


設営の動画をまた今度撮ります。

これを持っていつ行きましょうか? 


(ちなみに購入価格は先行予約販売のため、ナテュラムで ¥21,600円(税込み) でした。



新テント
Category:  キャンプ道具  
前々から欲しいと思っていたワンタッチテント 買っちゃいました


これが目をつけていたテントですが、前室がないためにふんぎりがつきませんでした・・・

top_image124.jpg


コンパクトでいいのですが、前室がねえ・・・?

main_feature54.jpg

top_band_01_zoom46.jpg

車載も重量も文句なし。 でもねえ・・・
size76.jpg


と、思っていいたら、ついに出ました。バイク用で、ツールームです 


top_image8.jpg

前室を開くとタープ(キャノピー)として使えます。結構大きなサイズですので、
これだけあれば雨の日も問題なし。


収納サイズは少しかさばりますが、まあ許容範囲でしょう。
top_band_025.jpg


室内からバイクを眺められますね。 

top_band_014.jpg


main_feature5.jpg



size.jpg
気になることが2つあります。

このT2-466は寝室のサイズがT2-275と比べると狭いような?
T2-275は2100×1200と長方形ですが、台形で2150しかありません。T2-275を使っている人の評価では
テントのインナーに頭と足が当たって気になるという話が上がっていました。
背の低い人は問題ないのでしょうが・・・
こちらはさらに小さく、さらに台形ですからね???

それから強風時の設営とポールの強度が心配ですね?
このサイズのワンタッチテントはバイク用としては初ですが、既に実績もかなりあるのでこちらは大丈夫かなと?
設営時に先にペグ打ちをして、ストームロープをしっかり張れば大丈夫かな???


とは言うものの
納期は5月下旬のようですが、入荷してから購入というのは難しいかも?
初期ロットの数量は限られているでしょうし、在庫がなくなればこの夏には手に入らないかもしれません。


今の所、ドッペルのこのテントはナチュラムのみで先行受付していましたので、思わずポチリました。

考え過ぎかもしれませんが、欲しい時に手に入らないのは我慢できないので、買っちゃいました。




手に入ったらレビューしますね。












和風な とんがりくん
Category:  キャンプ道具  
ワンポールテントを購入しました。 
ドッペルギャンガーの新色 T3-208 です。

前々から気になっていたテントなのですが、ネットを見ていたら新色が発売になっていました。
以前のモデルと仕様は変わっていなくて、まったく一緒のようですが、ポチリました。
和風の和傘をイメージした柄のようです。

さっそく近くの公園で、試し張りを行ってみます。
BIMG_2917.jpg

手持ちのブルーシート(グリーンですが)をフロアの大きさに合わせてカットしました。
BIMG_2911.jpg

その上にインナーを載せます。
BIMG_2914.jpg
かなりの大きさで、一人で使うには十分すぎるほどの広さです。

付属のアルミペグは13本
BIMG_2913.jpg

このペグの角部はきれいに面を取ってあって、カエリはありませんでした。以前のものは
切りっ放しで、手を切ったりすることもあったようですが、改善されていました。
さすがですね、ドッペルギャンガーさん。
BIMG_2937.jpg

六角の角をペグで固定して、ポールを入れて立ち上げると、インナーが簡単に完成です。
BIMG_2915.jpg

一応補強はされています。
BIMG_2924.jpg

アウターを被せて、インナーを固定した同じペグにアウターの紐を掛けて完成です。
BIMG_2917.jpg
風の無い時にはこれで十分ですが、風が強い時にはアウターに結ばれている貼り綱もペグで固定しましょう。

BIMG_2918.jpg

出入り口は一箇所
BIMG_2920.jpg
真夏の低地でのキャンプはどうなのでしょうか?

ポールはスチールが付属していましたが、手持ちのジュラルミンのポールが使えましたので、こちらを使います。
BIMG_2943.jpg
下がスチールで650g、上がジュラルミンで350gでしたので、300グラムの軽量化になります。

頂部も補強されています。
BIMG_2921.jpg

広い室内です。
BIMG_2926.jpg

アンダーシートの生地は非常に薄く、耐久性は??ですので、ブルーシートは必須ではないでしょうか?
BIMG_2922.jpg

そして、これが前々から考えていた使い方。
BIMG_2928.jpg
入口側のインナーを半分に畳んで前室を確保します。

これだけ広いと、荷物を置いても中で調理が十分可能ですね。

室内から見ると、半分にしたインナーが余ってかっこ悪い。
BIMG_2930.jpg
実用上は問題ありませんが、ここは、改善の余地がありそうですので、今度何か考えて見ます。

ドッペルギャンガーさん、インナーがハーフのテントセットを発売してくれないかな。
私はもう買ってしまったから、いいけど。
でも、ハーフタイプの格安インナーのみが発売されたら、多分ポチリます。

建てたままアウターを残して、インナーだけを外すことも可能です。
BIMG_2940.jpg
雨の日でも濡れずに撤収出来ますね。

コットを利用すれば、アウターだけでの使い方もありです。
BIMG_2942.jpg

収納袋
BIMG_2948.jpg
少しというか、かなり余裕のある袋です。

それから鍵も付いています。
BIMG_2947.jpg


ゴールデンウイークはどこに繰り出しましょうか?


2泊の予定で四国あたりを考えています・・・






































テーマ : キャンプツーリング    ジャンル : 車・バイク


物欲・・・焚き火台
Category:  キャンプ道具  
物欲シリーズ

アマゾンから届きました。
BP1050987.jpg

A4サイズでコンパクトです。
BP1060013.jpg

早速、組立ててみます。 
BP1060012.jpg
パタンパタン」と広げて、
BP1060011.jpg

BP1060010.jpg 

網を取って、
BP1060009.jpg

BP1050998.jpg

BP1060004.jpg 

くるっとひっくり返して、
BP1060006.jpg

BP1060003.jpg 

ロックして、
BP1060001.jpg

BP1050997.jpg

BP1050996.jpg

BP1050999.jpg 

網を載せれば完成。
BP1050995.jpg

そうです、バーベキューコンロです。 もちろん、焚き火台としても使えます。
BP1050992.jpg

BP1050991.jpg

BP1050994.jpg

BP1060015.jpg

厚みもこんなもんで、かさばりません。
BP1060014.jpg 


さて、いつ出かけましょうか?










テーマ : キャンプツーリング    ジャンル : 車・バイク


テーブル改造
Category:  キャンプ道具  
テーブルを改造してみました。

前々からバッグに入る大きさのテーブルを探していたのですが、なかなかサイズが合うものがありませんでした。
休みの日にホームセンターに行った時、980円の格安テーブルを見つけ、思わずこれ、と買ってしまいました。
サイズが大きくバッグに入らないのはわかっていましたが、改造すれば何とかなるなと軽い気持ちで購入です。

で、下の写真・・・・・さっそく枠ごと金のこで切ってます。
BP1050488.jpg
右側のけがいた線でカットするととりあえず 6cm 短くなります。

元の写真は撮っていなかったので、箱の写真を。 サイズは 56cm×34cm
BP1050497.jpg
6cm短くして 50cm×34cmに出来れば、バッグに入ります。

切りました。
BP1050489.jpg

BP1050490.jpg 

天板どうしの合せ部には、白色のH型をしたプラスチックのジョイントを使っています。
ホームセンターで60円で購入。
BP1050495.jpg 

黒い穴あきのプレートとM5のネジも購入。 200円位だったかと。
BP1050494.jpg

BP1050493.jpg 

完成。 枠の隙間がちょっと不細工ですが。
BP1050492.jpg
とにかく暑くて、ボーっとなりながらの加工でしたと、言い訳を。

脚が重なるのは想定内ですので、問題なし。
BP1050499.jpg 

バッグに収めた写真は また今度、ここにアップしておきます。