アクセスカウンタ
プロフィール

・・・トッチャン・・・

Author:・・・トッチャン・・・
新型VTR250に乗っていましたが,
2012年3月にNC700Xに乗り換えました。

最新記事
検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ナビ更新 パナソニック ゴリラ CN-GP530D
Category:  ナビ取付  
ナビを新しくしました。

ユピテルのナビを買ったのが2009年7月だから、4年と少し使っていたことになります。
トラブルは無く普通に使えたのですが、唯一リルートが遅くルートから外れると、いらいらと
待たされるのには困ったものでした。
ただ、バイクの振動にも多少の雨に降られても4年以上の間、ノントラブルだったのはすばらしいことです。
購入価格も安く当時の性能としては良かったのでしょうが、現行機種の性能はどのようになっているのでしょうか?
相変わらず安い価格で売られていますし、気にはなります。

しかし、今度のナビはゴリラになりました。 
通販で2万円ちょっとで、ゴリラ史上最強ナビとうたわれてます(もちろんメーカ発表ですが)
5インチナビが買えるのです。正月休みにポチッてしまいました。
元旦の夜にポチッて届いたのが3日と、アマゾンは正月も発送作業をしていました。
ごくろうさまです、365日営業なのですね、多分。
アマゾンの罠から抜け出せそうにありません。昨年もかなり買ったし、今年も・・・ 

で、ナビの話に戻ると、性能は
  ・16GB
  ・ジャイロ搭載
  ・みちびき衛星対応
  ・その他多数書ききれない・・・
と、文句無し。

買ったのは GORILLA CN-GP530D
D とLの違いは「D」はカー用品店での販売、「L」は家電量販店用のようです。
BIMG_2324.jpg

そして、100V用電源アダプタ
BIMG_2325.jpg
PSP用となっていますが、純正は高くて話になりません。これが定番のようです。

取付けマウント
BIMG_2328.jpg

BIMG_2327.jpg

早速分解です。
BIMG_2336.jpg
少し判り難いですが右側に写っているロック用のレバーを支えているピン(直径1mm位の細いピン)を
少し押出して、ラジオペンチ等で引き抜くと、後は簡単に写真のように分解出来ます。

使うのはこれだけです。
BIMG_2339.jpg


ホームセンタでL型の金具を2個買って、後はありあわせのもので、取り付け完了。
BIMG_2342.jpg
ナビ付属のマウントは球面軸受けで支持されており、締付け硬さの調整は写真に写っているように
+ネジか-ネジで調整できるようになっています。

BIMG_2344.jpg

BIMG_2343.jpg

BIMG_2345.jpg


給電のアダプタと、前のナビで使っていたケーブル保護のコルゲートチューブ
BIMG_2341.jpg
コルゲートチューブはそのまま使います。曲げ癖がついてしまっていますが、問題ありません。


BIMG_2353.jpg
チューブの中にケーブルを通してから、カウル内を取り回して、インシュロックで固定します。

BIMG_2349.jpg

シガレットシアダプタに差し込みます。
BIMG_2355.jpg

ここで、要注意
BIMG_2356.jpg
以前、この差込があまくツーリング中に、急にナビの電源が無くなり困ったことがありました。
原因がわかるまでナビのない状態で苦労しました。 

そこで、ビニールテープを縦に張力を掛けて張ってからから、ぐるぐる巻きにしてます。
これで大丈夫でしょう。

BIMG_2361.jpg

BIMG_2364.jpg

BIMG_2359.jpg


どこにも行けてないし・・・     



スポンサーサイト

テーマ : バイク    ジャンル : 車・バイク


ナビの取付位置変更
Category:  ナビ取付  
ナビの取付位置変更  とりあえずUP(追記は後日)

下の写真の位置だとキーの抜き差しが難しいのと、ナビの画面が立ちすぎて見難いので、変更しました。
BP1040780.jpg

取付に使う金具とボルト類一式
BP1040879.jpg

BP1040881.jpg

BP1040883.jpg

ナビを付けない時はこの状態になります。(普段はこの状態)
BP1040884.jpg

BP1040885.jpg

これなら、キーの抜き差しも、画面の角度もOKです。
BP1040918.jpg






テーマ : バイク    ジャンル : 車・バイク


ナビ取付
Category:  ナビ取付  
NC700X ナビ取付

ナビ用の支持台を取付けるためのブラケットを取付けます。
BP1040747.jpg

ブラケットはこんな感じで折り曲げています。
BP1040744.jpg

BP1040745.jpg

支持台を取付けた状態
BP1040750.jpg

マウントを取付
BP1040755.jpg

BP1040757.jpg


ナビを取付
BP1040761.jpg

ヒューズからの電源取出し。
NC700Xのヒューズのタイプはコンパクトタイプなので、右側の電源取出しヒュ-ズを使います。
BP1040738.jpg

電源の取出しが、バッテリー側になることを確認するために、テスターで確認します。
BP1040764.jpg

右側がバッテリー側でしたので、写真のようにヒューズを差し込みます。
BP1040773.jpg

ヒューズカバーを取付けます。 マイナス側はシャーシの側のボルトに共締めします。
BP1040779.jpg

ナビのケーブルは保護のため、コルゲートチューブの中に入れています。
BP1040777.jpg

ナビ取付完了
BP1040775.jpg


明日は慣らしの続きを・・・
























ナビ取付 2009年7月4日
Category:  ナビ取付  
ナビ取付
ナビはユピテルの4.3インチのタイプで量販店で特価だったため、即購入。
バイクに取付けるにはちょうどいい大きさ。
p1020165.jpg
但し、リルートの計算に時間かかるのは×。  まあ、値段相応といったところか。
いいところは、ユピテルだけに取締り情報が入力されているので、速度取締り路線に
近づくとアラーム表示をしてくれます。
日中の屋外で日差しが強い場合には、ナビの表示が非常に見え難くなります。
まったく見えないといったほうがよく、影に入らないとだめです。
低反射のシートを貼れば多少改善するのではと思われますが、その効果の程は?
結構高いので、投資するだけの勇気がありません。


ナビ付属のDC12V電源⇒USB6Vコードを手持ちのコルゲートチューブに
通してケーブルを保護します。
p1020159.jpg

電源の取り出しはヒューズから電源コードが分岐してあるタイプで、ホームセンターで購入。
既存のヒューズと交換するだけで電源が取れますので非常に楽です。
p1020156.jpg

これまたシガレットタイプのコネクタとガラス管ヒューズもホームセンターで調達です。
p1020157.jpg

ハンドルを切っても、コルゲートチューブがつぶれないように配線して、
コルゲートチューブが動かないようにインシュロックで固定しています。
p1020161.jpg

ハンドルのパイプにホームセンターで調達のUボルトと白いメッキのFB(フラットバー)を固定し、
更に黒いFBを付けてナビ付属の取り付け台に穴をあけ、このFBとボルトで固定します。
ナビ本体を取り付けない時には、この状態になります。(この状態だと運転していても
気になりませんし、何の支障もありません)
AP1020152.jpg
Uボルト取付部のアップ
BP1030660.jpg
BP1030661.jpg
BP1030662.jpg

ナビ取付用のブラケットの向きを自由に変える自在取付部。
AP1020153.jpg

ナビ取付用のブラケットを取り付けた所です。左側の黒い丸いねじを手で締めこむだけで固定できます。
ナビの角度と向きもこれで調整します。
p1020216.jpg

ナビ本体はこのブラケットのガイドに合わせて、差し込むだけでロックされます。
p1020215.jpg

始めはナビが落ちてしまうのではと心配しましたが1万5千Km以上(そのうちナビを
取り付けて走行したのは7~8千Km位)走っても大丈夫でした。

また、バイクの振動についても心配でしたが、異常は発生していません。
p1020169.jpg

p1020167.jpg

ナビを取り付けるとウインカーの点灯確認ランプが見にくくなりますが、
メータは全部見えるのでまったく問題ありません。
p1020178.jpg

雨の時にはビニールのカバーをかけます。
カバーの上からでも普通に操作できますし、雨の時であればまわりも明るくないので、
そんなに見難くはないようです。
p1020187.jpg

雨の中をこの状態でかなりの時間走りましたが、まったく問題ないようです。
カバーが外れないようにクリップで留めています。
p1020196.jpg

配線の取り出し部とナビ取付部はカバーを切欠いています。
p1020190.jpg







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。