アクセスカウンタ
プロフィール

・・・トッチャン・・・

Author:・・・トッチャン・・・
新型VTR250に乗っていましたが,
2012年3月にNC700Xに乗り換えました。

最新記事
検索フォーム
QRコード
QR
北海道8日目 かなやま湖~富良野~小樽
Category: 北海道 2013  
NC700X 北海道キャンプツーリング8日目(最終日)
2013年7月20日(土) かなやま湖~富良野~小樽

動画、準備中です。完成したら貼り付けしますので見て下さいね。

なかなか更新が出来ず、北海道はもう雪の中?。冬になってしまいます。 

で、気を取り直して、かなやま湖の朝。    4時半起床。
BIMG_2015_20131110013022930.jpg

気温は14度後半。
北海道の朝もこれが最後ですが、気温はずっと安定していましたね。
BIMG_2026.jpg

BIMG_2019.jpg
管理事務所
BIMG_2022.jpg
リヤカーがあるので、荷物が多くても大丈夫なのです。
BIMG_2021.jpg
が、近いほうが良かったので、駐車場のすぐ下にテントを張っています。
BIMG_2017A.jpg
東京から来たというCRFの建築士の方としばしお話して、いろんなことをお聞きしました。
若いころに日本一周して、四万十では川べりにテントを張った時、夜中に増水して
あわゆく流されそうになったとか。
また、北海道では何度も熊に遭遇したとか。
貴重な体験をたくさんされていて、なんか羨ましいような...

そうこうしているうちに、出発は6時半となりました。


青い池
BIMG_2031.jpg
今日は土曜日のせいか、観光客が多かった。駐車場もいっぱい。

BIMG_2035.jpg

BIMG_2036_20131110013835348.jpg

青い池から美瑛へ向かいます。
BMAH00695.jpg

ケン&メリの木
BMAH006996.jpg

マイルドセブンの丘
BIMG_2045_201311100142486c5.jpg
雲と青空・・・絵になりますね

BIMG_2047.jpg

BIMG_2048A.jpg

BMAH00708.jpg

BMAH007081.jpg

BMAH007082.jpg

BMAH007083.jpg

BMAH007084.jpg

道路脇に直売所がたくさんあり、北海道の定番を買わない訳にはいかないでしょう。
お土産にとうもろこしを買ってクール便で送ってもらうようにしました。


いきなり小樽へ
美瑛から国道237号(38号と供用)を南下して占冠へ。
そして道東自動車道へ乗ってまっすぐ小樽へ到着。
BIMG_2059.jpg

BIMG_2061_201311100142461b9.jpg

BIMG_2066_2013111001505953c.jpg

フェリーの乗船時間までかなりあるので、小樽市内から余市の辺りまでぶらっと
廻って来ましたが、メインの道路(国道5号)を通ったので渋滞がひどく失敗でした。
人が多くてももう少し、美瑛にとどまっていたほうが良かったな。

フェリー乗り場の駐車場にバイクを置いて食事と運河の夜景を見に行きます。
歩いて15分ぐらいだったと思います。

小樽運河の夜景
観光客でいっぱい、土曜の夜だからしかたないけど。
BIMG_2070.jpg

BIMG_2078_20131110015102134.jpg

運河の横の何とか食堂?で食事を済ませて、コンビニで明日の食事を買い込んで
フェリー乗り場に戻ります。


 8日目の走行距離 : 469km



帰りは姉妹船の 『あかしあ』 でした。
BIMG_2121.jpg

来年はツーリストの窓際を予約しようっと。
BIMG_2099_2013111002265570b.jpg
写真のように窓際の94番であれば、ほぼ個室状態ですね



7月21日(日)

はまなすとの行き違い。
BIMG_2089_20131110015107c79.jpg

絶対に来年も来るぞと誓いながら、海を見つめています。
BIMG_2095.jpg

BIMG_2101.jpg

BIMG_2108.jpg

定刻に舞鶴に接岸して、荷物を積み込んだら下船は行きと同じように最後に近かったです。
どうしてもサイドバッグのセッティングに時間がかかるのよね。



北海道内での走行距離は 3105km
総走行距離は         3705km


詳しい走行距離と燃費は ここ


※六日間休みを取ったのですが、後のフォローも大変でハードな日が続き、
 ブログの作成もままになりませんでした。
 しかし、貴重な体験をすることが出来、得るものも多かった旅には違いありませんし、
 休みを取る前と後の苦労が多くても、また行きたいと思えるいい旅でした。

 一人旅を許してくれた、嫁さんにも感謝してます。ありがとう。











テーマ : キャンプツーリング    ジャンル : 車・バイク


北海道7日目 航空公園~三国峠~ナイタイ高原~かなやま湖
Category: 北海道 2013  
NC700X 北海道キャンプツーリング7日目
2013年7月19日(金) 航空公園~タウシュベツ~三国峠~層雲峡~ナイタイ高原~かなやま湖

動画、準備中です。完成したら貼り付けしますので見て下さいね。

航空公園の朝、4時20分起床。
BIMG_1872_20131029011548da1.jpg

夜、かなり雨が降ったようですが、今日の天気はどうなのでしょうか?
BIMG_1862.jpg

これまで、うまく雨をかわせて合羽を着ることも無く、まあいい天気が続いたので、残り2日間も
このまま大丈夫ですよね。 どうやら雨男返上です。

そう、北海道もあと2日となりました。まだまだずっといたい思いでいっぱいですが、しかたありませんね。


BIMG_1864.jpg

検温タイムです。
BIMG_1868.jpg
7月なのに15度、少し肌寒いようですが、風が無いので問題ありません。

写真のようにブルーシートでポールが自立できるようにしてあります。
BIMG_1869.jpg
雨が降っていてもインナーから撤収出来ます。逆にテントを張るときもフライシートを先に
設営出来るのでインナーを濡らさなくてすみます。(前にも同じことを書いたような?)

ナイタイ高原への道
BMAH00552.jpg
ゲートの開時間が7時からのようで、あと30分待ってもいいのですが、どうせまたこちらへ
戻ってくるので、先にタウシュベツへ向かうことにします。

タウシュベツ展望所の駐車スペース
BIMG_1901.jpg

ここから森の中へ少し歩くようです。
いきなり、この看板。
BIMG_1900.jpg
誰もいないので、ヘルメットをかぶったまま行くことにします。
(だって怖いでしょ。バッタリ会ったらどうすればいい? やっぱり死んだふり? 

BIMG_1897.jpg

BIMG_1890.jpg

BIMG_1896.jpg

緑が目に沁みます。
BIMG_1898.jpg
線路の跡地が遊歩道になっているみたいですが、熊は大丈夫なのでしょうか?

BIMG_1894.jpg

BIMG_1895.jpg

糠平湖が見えてきました。
BIMG_1891.jpg

くまもんも見つめるタウシュベツ
BIMG_1888.jpg
思っていたより、ずい分遠いなあ。
BIMG_1877_20131029013247aa2.jpg

BIMG_1882.jpg

画像をクリックすると動くパノラマ写真を表示します
BIMG_1879.jpg

(ひがし大雪自然ガイドセンターに掲示してあった写真)
BIMG_1942.jpg

今度はツアーでもいいので近くまで行きたいな。

BIMG_1906_20131029014020202.jpg

BIMG_1903.jpg

BIMG_1907.jpg

橋の上にも草が...  時の流れを感じてしまいます。
BIMG_1904.jpg
いい感じ。
BIMG_1905.jpg

三国峠へ向かいます。
BMAH005821.jpg
車も少なく、快適なロード。
BMAH005822.jpg

BMAH00585.jpg

三国峠
BMAH005981.jpg
いやあ、天気がいいですね
BIMG_1911.jpg

画像をクリックすると動くパノラマ写真を表示します
BIMG_1913.jpg

次は層雲峡へ
BMAH00588.jpg

層雲峡
BIMG_1920.jpg
ここは大型バスが何台も停まっていて、観光客であふれており、
そして、例の韓国語?、中国語?が飛び交っていました。
BIMG_1922_20131030011056ed7.jpg
層雲峡で帽子が無いことに気付きました。
そういえば、タウシュベツでヘルメットかぶったまま、くまもんと遊んでいた時にどこかに落としたのかも?
帰りにもう一度、タウシュベツによってみることにします。

タウシュベツに着くと、CB400の若い女の子がスタンドを出すのに苦労しています。
地面が柔らかいのでスタンドの下にかまぼこ板を敷こうとしているらしいのですが、うまくいかないみたいで、
バイクにまたがったまま足でかまぼこ板をチョコチョコ動かしています。
板を敷くのを手伝ってあげて、タウシュベツ展望所まで一緒に行きました。
名古屋からの一人旅だそうで、森の中へは一人では入れないなあと思っていたとのことです。
もちろん、わたしも今度はヘルメットをかぶってはいません。

ありました。誰かが拾ってくれたみたいで、手摺のところにかけてありました。
もらいものの帽子だったのですが、お気に入りだったもので、良かった、良かった。


国道273号を戻り、ナイタイ高原を目指します。
BIMG_1929.jpg

BIMG_1930_20131030012212b4f.jpg

エキノコックスに関するパンフレット
BIMG_1938.jpg

ナイタイ高原への道
BMAH00611.jpg


BMAH006112.jpg


BMAH00616.jpg


BIMG_1958_20131030012527574.jpg


BIMG_1948.jpg

BIMG_1953.jpg

この怪しげな車、何なのでしょうか?
BIMG_1952_20131030012524462.jpg
前にもステージがあり、6輪車でナンバーも付いていました。
しかも北海道ナンバーでなく熊谷ナンバーです。

BIMG_1960_201310300125202a9.jpg

糠平湖から道道85を然別湖へ。
BMAH00621.jpg
道幅が狭く、カーブが多い。しかも路面も荒れており、北海道らしくない道??
四国の山の中の道にそっくりです。


BIMG_1963.jpg

BIMG_1965.jpg

BIMG_1968.jpg

足湯がありました。
BIMG_1971.jpg
気持ちいいだろうな。
BIMG_1969.jpg

凛々しい
BIMG_1983.jpg


BIMG_1982.jpg

あらら、おねだり君でしょうか? 逃げる気配がまったくありません。
BIMG_1978.jpg

BIMG_1991_20131101012515b21.jpg

だるま食堂とキハ12 23、そしてNC700X。
BIMG_1993_2013110101250398b.jpg

BIMG_2007.jpg

鉄道員(ぽっぽや)のロケ地、幌舞駅。
BIMG_1994.jpg
映画の駅名をそのままにしてあります。正式な駅名は『幾寅』。実際の駅名もいい響きです。
地元の方が駅舎を綺麗に掃除されていました。ちょっと、感動してしまいました。



北海道最後のキャンプ地、かなやま湖。
いよいよ最後の一泊です。
BIMG_2013.jpg





 7日目の走行距離 : 376km

テーマ : キャンプツーリング    ジャンル : 車・バイク


北海道6日目 知床~熊の湯~摩周湖~航空公園
Category: 北海道 2013  
NC700X 北海道キャンプツーリング6日目
2013年7月18日(木) 知床~熊の湯~摩周湖~航空公園

動画、準備中です。完成したら貼り付けしますので見て下さいね。


知床の二日目の朝
BIMG_1770.jpg
4時に目が覚めたが2度寝をしてしまって、次に目が覚めたのは6時半...
あわてて撤収して、出発が8時となりました。
タープとコットを出していないのでなんとか1時間半で撤収出来ていますが。

いい天気  (知床峠へ向かう途中で)
BMAH004821.jpg

羅臼岳が見えてきました。
BMAH004791.jpg
あれれっ? 
BMAH004822.jpg
くっ、雲が
BMAH00483.jpg
だめだ、こりゃ!(ちょっと古いか)

と言うことで、くまもんも控えめに。
BIMG_1777.jpg
待ってても晴れそうにありません。次から次へと雲が流れてきます。 
BIMG_1773.jpg

ソニーのアクションカム HDR-AS15 (吸盤取付です、詳細は過去のブログをどうぞ)
BIMG_1791.jpg
新型のAS30Vが発売になったようですがGPSが装備されたぐらいで、カメラの性能に関しては
変わっていないようです。

BIMG_1782.jpg

この向うに国後が見えます。
BIMG_1807_20131022004438405.jpg
露出を変えて、
BIMG_1792_2013102200443365c.jpg
全体を撮ると、この通り。
BIMG_18051.jpg
どう見ても日本の領土ですよね。

そして、峠を下って着いたのがここ。
BIMG_1809.jpg
熊の湯。 朝風呂でさっぱりしますか 
BIMG_1808_20131022004440aa1.jpg
橋を渡るとこの標識があります。
BMAH00498.jpg
案内に従って少しだけ行くと、まず手前が女湯。小屋で囲まれているようです。
BMAH00499.jpg
その先が男湯ですが、地元の方が入られていたので写真はここまで。
BMAH004991.jpg
地元のおじさんたちばかり5人、よそ者は私だけでした。
挨拶をして脱衣場を使わせてもらい、湯につかるとうわさ通り熱めの湯ですが、なんとか入れる状態です。
しばらく浸かって(我慢して?)ベンチで熱々の体を冷ますと、最高に気持ちがいい 

地元のおじさんいわく、中国人もマナーが悪いが、この湯にくる日本人はマナーがなっていない者が
最近多いと立腹されていました。

何度か湯船に浸かっては外で体を冷まし、熊の湯を十分に楽しむことができました。
でも、半日ぐらいゆっくりしたいような。


熊の湯を後にして気持ちよくライディングしたのはいいのですが、すっかり野付半島に寄るのを忘れてしまいました。
トドワラを見てみたかったのに。(またまた、宿題追加)

遅めの昼食をここで。(食にこだわりは無いので、いつものコンビに弁当ですませます)
BIMG_1813_2013102201010060b.jpg

BIMG_1822.jpg

摩周湖第1展望台の駐車場  バイクは100円でした。
BIMG_1824.jpg

ここから見る湖面も神秘的ですね。
BIMG_1825.jpg

BIMG_18261.jpg

BIMG_1828.jpg

365日サンデーのおじさんライダーと少しお話しました。(うらやましいですね)
この方はYHの会員になっておられ、本日は摩周湖のYHに泊まられるとのことでした。会員になると
会員価格で泊まれるし、食事も良くて清潔で、お奨めですよと言っておられました。
私はキャンプ派ですけど、旅の途中でたまにはベッドで寝るのもいいかも。
BIMG_1832.jpg
霧が流れていく映像がよく紹介されていますが、ここからの撮影が多いのかな?

シルバーのNC700Xが停まっていましたが、持ち主の方とはお話は出来ませんでした。
(ひょっとすると先程の方だったのでしょうか?)
BIMG_1834.jpg
サイドパニアにガード、いいですね。

次は第3展望台
BIMG_1838.jpg
雲が多く日差しが無いのが少し、残念。
BIMG_1842.jpg

BIMG_1847.jpg

画像をクリックすると動くパノラマ写真を表示します
BPANO_MASHUUKO.jpg


摩周湖からは国道241を通り阿寒湖の脇を通り、上士幌町の航空公園へ18時ごろ到着。
阿寒湖は見れず.....

画像をクリックすると動くパノラマ写真を表示します
BPANO_KOUEN.jpg
テントが数張りあるだけですので、広大なスペースを独り占め状態となっています。
ここは、芝生は綺麗に手入れしてあるし、ゴミ箱も常設で文句なしのキャンプ場ではないでしょうか。

管理人がいないので無料で泊まれるのかなと思っていたら、日が暮れる前に車がやって来て、
使用料を徴収されました。でもここは最高。
BIMG_1861_20131022012117563.jpg
駐車場はガラガラなので、テントは駐車場のすぐ横に張っています。
少し前に、雨が降ったようで少しだけ濡れていました。

こんばんの食事は、スパゲティとカレー。
BIMG_1860_20131022012115178.jpg
いずれも家から持参してきた食材ですが、おいしくいただきました。

買出しに行っていませんので、アルコールは無しです。
朝風呂に入っていますし、今晩のお風呂も無しとしました。


食事をすませて早めの就寝となりました。
深い眠りについていた中、夜中に大きな雨音で目を覚めさせられました。
かなり雨が降っているようですが、いつの間にか再び眠りについてしまいました。


 6日目の走行距離 : 343km




テーマ : キャンプツーリング    ジャンル : 車・バイク


北海道5日目 知床~開陽台~摩周湖~屈斜路湖~知床
Category: 北海道 2013  
NC700X 北海道キャンプツーリング5日目
2013年7月17日(水) 知床~開陽台~摩周湖~屈斜路湖~知床

動画、準備中です。完成したら貼り付けしますので見て下さいね。


知床の朝
BIMG_1590_20130917012809ff2.jpg
テントの数もまばらで、のんびり出来ます。

鹿がやって来て黙々と草を食べ続けておりました。
BIMG_1585A.jpg
人をあまり気にしていないようで、近くによっても逃げてはいかずかず、いいタイミングで
こちらを向いてくれました。
どちらかと言うと、宮島や奈良公園の鹿と同じイメージのような?
(エゾシカとホンシュウシカの明確な区別がつかないような?)

牡鹿のでかい角が見たかったな。

本日の起床は6時過ぎ、検温は行いませんでした。まあ、昨日とそんなには変わらないような?
そして、ウトロの国設キャンプ場を出たのが7時半頃です。
BMAH00402.jpg

知床峠から羅臼へ出て開陽台へ向かう予定でしたが、燃料がありません。
昨日入れておけば良かったなと思いながらも、仕方がないので斜里で給油することにしました。
BMAH00407.jpg

いざ給油してみると、11.7ℓでしたので、あと70kmは十分走れたことになります。
ただ、北海道なので早目の給油をしないと、不安で...

昨日、知床峠でブルーフラッグを無くしたのでホクレンの給油所に寄りましたが、ここはセルフでした。
フラッグを貰おうと店員の方に聞いてみると、ここにはフラッグは置いていないということでした。
ホクレンでもフラッグを置いていない店があるとは知りませんでした。 残念。
まあ、まだ先は長いのであせらずに集めて行くことにします。

BMAH00415.jpg
どこまでも真っ直ぐな道。
BMAH004151.jpg

開陽台へ到着したのが10時前。
BIMG_1602.jpg

う~ん、すっきりしない天気です。せっかくの景色なのに・・・
BIMG_1594_201309170128144b3.jpg
宿題追加・・・
BIMG_1601_201309170128228ac.jpg

駐車場側
BIMG_1610_201309170134156ed.jpg

反対側にはテントが一張り
BIMG_1612.jpg

アクションカムとヘルメット
BIMG_1622.jpg

次は摩周湖へ向かいます。
BMAH00433.jpg


裏摩周展望台の駐車場
BIMG_1631.jpg
11時頃ですが車が3台、バイクは1台でした。(もちろん自分のバイクです)

BIMG_1627A.jpg
写真では伝わりませんが、肉眼で見る湖面の吸い込まれるような碧さは神秘的であり
深い感動を覚えました。水深が200mもあるって、すごいな。

この景色にはくまもんも大満足。
BIMG_1649_2013091701433588b.jpg

BIMG_1636.jpg

深い感動を受けて駐車場に戻ってみると、誰もいなくなって、発電機のエンジン音がうなっているだけでした。
BIMG_1638_20130917013854cf5.jpg

売店と電源供給の発電機を積んだバン。 車の中に積んだまま発電機を動かすとは、すごいな。
BIMG_1639.jpg

BIMG_1646.jpg

神の子池への道はダートでした。
BMAH00435.jpg
でも、大丈夫。ロードでも十分走れる荒れていない綺麗なダート。
BMAH004351.jpg

くま〇〇 が見つめているのは摩周湖から程近いところにある神の子池。
BIMG_1664.jpg

本物のくまに注意。
BIMG_1655.jpg

BIMG_1654.jpg

神秘的な青色の中を泳ぐオショロコマらしき魚も見ることが出来ました。
BIMG_1657.jpg
なにより、人が少なくのんびりと観賞できるのがグッドでは。

駐車場に戻ると、サクラマスの遡上が見られるところが近くにあるらしいのだが、知らないかと尋ねられる。
知らないと答えたものの、ツーリングマップルを広げて確認するとありました、ありました。
『サクラマスの滝登り6月上旬~8月上旬』と記載されています。
先程の人に地図を見せてここではないのかなと説明してあげ、自分も行ってみることにしました。

みどり駅の近くらしいのですが、入口がわからず少し手間取りました。入口からはしばらくダートを
進んでいくと駐車場があり、すぐその脇に小さな滝がありました。


次から次へとジャンプする姿が見られます。
BIMG_1682_20130917014822a16.jpg

アマチュアカメラマンも多く見られ、三脚をセットしてシャッターチャンスを狙っていました。
BIMG_1673.jpg

BIMG_1685.jpg
次から次へとジャンプしますが、魚にとっては途方も無く大きな滝で、
しばらく眺めていましたが滝を登りきったサクラマスは見られませんでした。 
BIMG_1699_20130917014813c71.jpg
なんか悲しくなってきました。 ほんとは魚断の滝なのかも?

川湯の町の足湯
BMAH00446.jpg

美幌峠に着いたのが2時少し前。
BIMG_1700.jpg

屈斜路湖  ここも少し霞んでいますが、雄大です。
BIMG_1716_20130922185241836.jpg

絶景とホタテてんぷら  (昼食です)
BIMG_1711_20130922185237012.jpg
同じく絶景とあげいも  (同じく昼食です...)
BIMG_1723_201309221852524d6.jpg 


画像をクリックすると動くパノラマ写真を表示します
BPANO_KUSHAROKO.jpg

美幌峠を下ってキャンプ場に戻ります。

BMAH00452.jpg

途中、本日2回目の給油です。給油量は6.4ℓと燃料はまだまだあったのですが、
目的はあれ。ホクレン川湯でフラッグをゲットしました。

BMAH00462.jpg

BMAH00466.jpg


BIMG_1738A.jpg


BIMG_1739_201309221852264c7.jpg

BMAH00470.jpg

キャンプ場に戻ったのが、17時半。

BIMG_1741_20130922185716cb1.jpg

BMAH00473.jpg

シカが朝と同じように食事中でした。朝と同じシカのような?
BIMG_1743_201309221857224f1.jpg


BIMG_1749.jpg

BIMG_1756.jpg
今日はもやし入りで、うまかったです。
BIMG_1754.jpg

セイコマのジンギスカンの匂いにつられて、昨日のきつねくんかな?
BIMG_1765.jpg




 5日目の走行距離 : 386km


テーマ : キャンプツーリング    ジャンル : 車・バイク


北海道キャンプツーリングの燃費
Category: 北海道 2013  
ブログの途中ですが、燃費をまとめてみました。

BIMG_2175.jpg

    日 付 曜日  給油場所  給油時間    オド  トリップ  給油  燃費
  7月11日   木     舞鶴    21:21  12379     289   9.9  29.2
       13日   土    稚内    (9:30)  12768     389 11.8  33.0
       14日   日   宗谷岬    15:02  13192     424 11.6  36.6
       15日   月    湧別    14:21  13588     396 10.8  36.7
       17日   水    斜里    08:12  13993     406 11.7  34.6
       17日   水    川湯    15:26  14223     230   6.5  35.4
       18日   木    足寄    17:00  14619     396 11.4  34.7
       19日   金  南富良野    15:20  14996     377 10.6  35.6
       20日   土    余市    17:08  15449     453 13.2  34.3
    自宅付近   15795     346 11.3  30.6

   北海道での走行距離 : 3105km
    トータル の走行距離 : 3705km

    トータル燃費        : 34.1km/ℓ

道内の燃費は良いのですが、行き帰りの舞鶴間の高速の燃費が悪いようです。
そんなに回したようにはないのですが...

荷物が重たいのと、サイドバッグの空気抵抗が大きいからかな?

BIMG_1741_20130917010505390.jpg


テーマ : キャンプツーリング    ジャンル : 車・バイク